【阪神9R・野路菊S】ワグネリアン 2着以下に2馬身半差 福永「初戦よりもさらに良くなっているね」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/09/16

キレ味そがれる重馬場もあっさりクリアした。ダービー馬候補ワグネリアン(牡=友道、父ディープインパクト)は後方をゆったり追走。前半5F1分2秒7と緩い流れのなかでも鞍上・福永の手は動かない。ようやくエンジンを掛けたのは直線入り口。そこからグングン加速して上がり3F33秒0の豪脚。2着ディロス以下を2馬身半差ちぎった。

福永は「緩い馬場も気にせずスイスイ運べた。追ってからしっかりとしていたし、初戦よりもさらに良くなっているね」と素質を絶賛。友道師は「馬体の数字は変わらなかったが、パドックからたくましくなっていた。しっかりと賞金加算できて良かった」と笑顔で話した。年内は東京スポーツ杯2歳S(11月18日、東京)か、暮れのホープフルS(12月28日、中山)を視野に調整される。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
先手を打った米国。「ソウルを火の海にしない」北朝鮮打撃法とは
おぞましい!タバコによる影響を実験した動画が禁煙効果がありすぎると話題となる!
Iカップ爆乳の女神がビーチに降臨!?人気グラドル・柳瀬早紀が沖縄ツアーで魅せた至高のサイドショットにコメント殺到「やなパイ最高」
男性が抱える“理想のアブノーマルプレイ”TOP5 彼もこんな事考えてるかも!?
保育士がイケメンパパと略奪婚!本当にあった保育園不倫

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加