「加熱式たばこ」愛用者に聞く“利点と欠点”

「加熱式たばこ」愛用者に聞く“利点と欠点”

  • 日刊大衆
  • 更新日:2017/11/13
No image

「加熱式たばこ」愛用者に聞く“利点と欠点”

火を使わずに電気で加熱する「加熱式タバコ」。最近、紙巻きタバコから乗り換える人がじわじわ増えているとか。今回、東京都在住の喫煙者100人に「加熱式たばこを吸っていますか?」というアンケートを実施したところ、以下の結果になった。

【関連】竹内涼真は4位!「恋人にしたいライダー俳優」1位は?

●はい……13%
●吸っていたがやめた ……4%
●いいえ……83%

世間の注目度とは裏腹に、今回のアンケートでは吸っている人が13%と少数派だった加熱式タバコ。「アイコス(IQOS)」「グロー(glo)」「プルーム・テック(Ploom TECH)」の3種類の人気が高く、特にフィリップ・モリスの製品であるアイコスが現在、日本で多く流通している商品だ。

アイコスは「iQOSポケットチャージャー」で充電した「iQOSホルダー」に専用のタバコであるヒートスティックを挿入し、タバコの葉を加熱してその蒸気を吸うという仕組み。副流煙がほとんど発生しないので周囲を気にせず吸うことができ、メーカーの資料によれば有害物質を90%カットしているとか。

そんな加熱式タバコを「吸っている」「吸っていたがやめた」と答えた人に対し、さらに利点や不満を聞いてみた。まず加熱式タバコの利点だが、「煙が出ない」(57歳男性)、「家などで吸っても臭いがつかないこと」(23歳男性)、「室内でも気兼ねなく吸えるところ」(20歳男性)など、煙が出ず臭いも少ないことを挙げる人が圧倒的多数だった。

一方、不満については「値段が高い」(56歳女性)、「維持コストが高い」(53歳男性)と価格面に対する声が。さらに、「メンソール以外は吸った感じがしない」(57歳男性)、「吸った感じがうすい」(36歳男性)など、吸い応えに不満を持っている人も複数見られた。

といっても、これらの加熱式たばこが発売されてまだ数年。価格や吸い応えなどは、さらに進化していくことが予想される。煙が出ず臭いも少ないとしても、決められた喫煙所で吸う、ポイ捨てはしないなど、最低限のマナーを守りつつ、たしなみたいところだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
営業スマイルを勘違いする男性客にイライラ...... 『接客業やってて一番クソだった客の話』マンガの衝撃の後日談に反応多数
暴力事件、理事長選、そしてファッション......貴乃花親方の深い闇
日本を襲う危機。「北朝鮮」が戦争に走れないたったひとつの理由
「白バイ」ぽい格好でバイクに乗ったら、周りの車も安全運転に。でもこれってOKなの?
日本人なら当たり前のアレ! 中国人に超ビックリ仰天された話 / 中国人「日本の中学生すごすぎ!」「要求高すぎでしょ!?」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加