右派団体による脅迫増加、記者200人が警察の保護下に イタリア

右派団体による脅迫増加、記者200人が警察の保護下に イタリア

  • AFPBB News
  • 更新日:2017/12/07
No image

伊ローマ近郊のオスティアで、記者らによる言論の自由を擁護するデモで警備に当たる警察官(2017年11月10日撮影、資料写真)。

【AFP=時事】イタリア政府は6日、同国で右派勢力が報道機関や関係者を脅迫する「新たな事象」が相次ぎ、約200人の記者が何らかの形で警察の保護を受けていると発表した。

内務省は声明で、少なくとも19件の記者保護計画のほか、記者宅の近隣区域を警察が定期的に巡回するなどの167件の「警戒措置」を実施していると述べた。

声明によると、今年これまでにメディアに対する脅迫の事象は90件に達している。ただこの数字は前年同期の114件からは減少している。

それにもかかわらず内務省は、ネオナチやネオファシストなどの右派団体、犯罪組織などがその悪行を明るみに出そうとする記者らを脅迫する事象が増えつつあり、特別な注意を払っていく必要があると警鐘を鳴らしている。【翻訳編集】AFPBB News

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

国外総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
“故プリンスの金庫”山火事からの避難申請却下
「陸上型イージスや巡航ミサイルを導入する日本の意図とは?」中国メディアが強い警戒感
トンガ沖に出現した新島、火星での生命探査の手掛かりに? NASA
モザイク都市が直面する試練
外国人に人気のアムステルダム、地元民はうんざり
  • このエントリーをはてなブックマークに追加