ドローン飛ばせない場所でも空撮自撮りができるよ!

ドローン飛ばせない場所でも空撮自撮りができるよ!

  • ギズモード・ジャパン
  • 更新日:2017/08/06
No image

Image:Birdie

GoProを投げて撮影。

コンパクトでも安定性が高く、カメラのクオリティもGOODなドローンが増えてきました。旅行先でのカメラマンとして、空からの自撮りをしたいと思ってドローン買いたいな、と思っている方も多いことでしょう。

でも同じ理由でMavic Proを買った身としては、なかなか厳しいと言わせてください。法令などで定められている飛行禁止エリアはオンラインで確認できますが、制限エリア外であっても私有地であるかどうかまでは判断できないため、おいそれと電源を入れるわけにいかないんですよね。

何かいい方法はないものでしょうか。とアメリカのAmazonを見ていたら...これ、いいかも!

Image:BirdiePic/YouTube

Birdie」はGoPro HERO 3+/4/5用の羽根です。ご覧のように、バドミントンのシャトルのような羽根アタッチメントで、空高く放り投げて撮影。気に入ったシーンを動画から切り出してシェアできます。タイムラプス撮影でもいいのかな?

それでは作例をどうぞ。

Image:BirdiePic/YouTube

Image:BirdiePic/YouTube

ダーツの矢みたいなGoPro用アタッチメントAERとの違いは、投げた人物を中心に撮影できることですね。

もちろん飛ばす場所に制限はないとはいえ人混みのなかとか、誰かに迷惑がかかる場所での利用はマナー違反でしょう。楽しげな自撮りをシェアするために、使う前は周囲を見渡すことを忘れないようにしたいですね。

Birdieは、米AmazonもしくはIndiegogoから購入できます。

Image:Indiegogo
Source:Birdie, YouTube(1,2,3Amazon,Indiegogo

(武者良太)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「ステージ4の肺がん」宣告受ける数時間前の写真をFacebookに投稿した英女性
汚れちまった心だもんだから・・・子どものぬり絵を大人が塗ったら邪心が溢れて止まらない
【コラム】ちょっと男子! 何も考えずにシャッター押してドブスに撮影するのはホントにやめて
母親の浪費癖、ラブホテル生活、野宿の果てに......17歳少年による「川口祖父母殺人事件」の悲劇
「失くした物」が思いもよらぬ場所から発見された例いろいろ

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加