西武福倉50万減 秋季キャンプで2400球投げた

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2016/12/01

西武福倉健太郎投手(25)が1日、契約更改交渉に臨み、50万円ダウンの推定年俸600万円でサインした。

「来年で大卒4年目。危機感持ってやらないと終わるぞと言われました。意識してよりいっそう頑張らないと」と表情を引き締めた。

15年は1軍デビューを果たしたが、今季は1軍での登板がなかった。「何も貢献できず、ケガもあってどん底。全体的にもっとレベルを上げないと。結果が出ない時に、自分でどうやって対応したらいいのか分からず、月日が流れた」と振り返る。

2軍の秋季キャンプでは連日ブルペンに入り、期間トータル2400球も投げ込んだ。「少しつかめるものがあった。これだけ投げたのは記憶にないです。ただ単に試合に投げる、ブルペンに入るでは変わらない。そうではない意味を感じてやれたので、投げる量を増やしました」。オフは地元鹿児島に戻り、ケガ防止を目指したトレーニングに励む考えだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
張本氏、号泣FA宣言で巨人入りの山口に「何で泣くんだろうね」
4年で3勝でこの金額!日ハム・斎藤佑樹が来季も高給取りを続けられるワケ
大谷翔平の年俸を支えられない? 東尾修が語る球界の“お金”事情
《2016年プロ野球お立ち台大賞!》角中勝也、比屋根渉、杉谷拳士 〜シュールなお立ち台編〜
巨人、“4年越しの恋人”マギーと合意!V奪回へ打も大補強
  • このエントリーをはてなブックマークに追加