中国の年末と出店【中国】

中国の年末と出店【中国】

  • エンタメウィーク
  • 更新日:2018/02/14
No image

中国は陰暦で日付を数える習慣があるので、12月末の状況は平日といたって変わりがありません。ただ、目覚ましい発展を遂げている国の中で、外国人の存在も大きく、外国人に合わせて12末からお正月モードに切り替える店舗や会社も増えてきました。そして、中国に住む外国人に合わせて1月1日を1日だけの休みにする会社がほとんどです。

12月末、いろいろな地域から出店が集まってきだし、大きなデパートの前などにズラリと出店が並ぶことも珍しくありません。

No image

四川省・成都に集まる出店の種類は、多くの人の関心に合わせて、食べ物のお店がほとんど。(成都は食の都と呼ばれるほど、食べ物好きの街です)。中でも炭火で焼いた「串焼きのお肉」や「イカ焼き」の良い香りが、あたり一面に漂い始めます。

成都の味付けは、タレ味や塩味ではなく、鷹の爪を細かく刻んだものと、熟成させた山椒をすりつぶしたもの2種類を合わせたものをふりかける辛い味付け。一口食べると、口の中に火がついたような辛さですが、これがまた病みつきになって、もう一口、もう一口と食が進む味なのでとっても不思議です。辛いのが好きな方にとっては、たまらない出店になりますよ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

グルメ総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
完熟いちご15個を使用した高さ30cm超の贅沢ないちごパフェ新発売!
【猫の日】「猫型お弁当」をはじめ猫グッズが新宿小田急に集結! 猫好きさんのテンション爆上がりなイベントが開催されますっ!!
アラジンのトースターに限定“SAKURA”カラー--やさしい桜色をキッチンのアクセントに♪
辻希美、夫・杉浦太陽の料理姿を公開も「パジャマ姿で揚げ物はありえない」の声
  • このエントリーをはてなブックマークに追加