上原彩子は14番終えて通算5アンダー/米女子

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2017/09/17

エビアン選手権最終日(17日、フランス南東部エビアン、エビアン・リゾートGC=6479ヤード、パー71)27位から出た宮里藍(32)=サントリー=は2バーディー、4ボギーの73、通算1オーバーで現役生活に幕を閉じた。首位と1打差の2位から出た上原彩子(33)=モスバーガー=は14番(パー3)を終えて通算5アンダー。スコアを3つ落としている。

今季のメジャー最終戦。上原は4番(パー4)でボギー。前半はバーディーなしの36で折り返した。バックナインに入ると、11番(パー4)でバーディーを奪った。しかし、13番(パー5)でボギー、続く14番では第1打がグリーンを大きくオーバーし、痛恨のダブルボギーとなった。

アンナ・ノードクイスト(スウェーデン)が66をマークし、通算9アンダーでホールアウトした。野村敏京(24)=フリー=は72で、通算1オーバーでホールアウトした。

大会は14日の悪天候の影響で3日間54ホールに短縮された。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

ゴルフカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
片岡大育 涙の逆転V「自分の感覚殺して結果重視」絶不調から見事修正12アンダー
松山、小さな前進に満足感も=米男子ゴルフ
松山68スタート前から修正模索「最低限のゴルフ」
片岡逆転Vへ1差 伊能キャディーTV出演に「負けられない」
松山26位変わらず ドライバー乱調「また感覚が悪くなった」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加