東京五輪の男子代表監督に森保氏 西野技術委員長「知識が豊富でいろいろなことに対応できる」

東京五輪の男子代表監督に森保氏 西野技術委員長「知識が豊富でいろいろなことに対応できる」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/10/12

日本サッカー協会は12日、都内で理事会を開き、20年東京五輪の男子日本代表監督として、前広島監督の森保一氏(49)の就任を決めた。

No image

森保一氏

現役時代は守備的MFとして日本代表で活躍。12年から今年7月まで広島の監督を務め、J1リーグ3度の優勝に導くなど黄金時代を築いた。現役時代にアナウンス、公式記録などで「森 保一」と間違えられることが多かったため、愛称は「ポイチ」。現在は欧州に滞在中で帰国後に就任会見を開く見通しだ。

原則23歳以下の選手で戦う東京五輪代表の活動は12月にタイで開催される国際大会でスタートし、来年1月のUー23アジア選手権が初の公式大会になる予定。監督の人選を一任されていた西野朗技術委員長(62)は「Jリーグの中でも最高の実績を残した指導者。監督を要請して快く引き受けていただいた。サッカーに対する知識が豊富でいろいろなことに対応できる。若者対するアプローチも上手い。着実に選手、チームが成長するチームづくりをしてもらいたい」と語った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サッカー日本代表カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
強みを出すことにこだわる時期。2発の青森山田FW中村「駿太が来てくれて良かった」と仲間が思うような結果を
“赤点”の出来ながらもしぶとく勝利。長崎日大が接戦をものにし、3度目の選手権出場に王手
こころ、党存続厳しく【17衆院選】
埼玉・春日部市長選、8票差で決まる 現職・石川良三氏が4選
[MOM2256]青森山田MF郷家友太(3年)_圧巻4発!!高橋壱晟に続いて「優勝した時の10番」に
  • このエントリーをはてなブックマークに追加