銀の小平奈緒 500での雪辱へ自信「3位以内は金メダルを取るための方程式」

銀の小平奈緒 500での雪辱へ自信「3位以内は金メダルを取るための方程式」

  • デイリースポーツonline
  • 更新日:2018/02/15
No image

表彰台にあがる小平奈緒

「平昌五輪・スピードスケート女子1000メートル」(14日、江陵オーバル)

小平奈緒(31)=相沢病院=が1分13秒82で銀メダル、高木美帆(23)=日体大助手=が1分13秒98で銅メダルを獲得し、日本スケート女子では史上初となるダブルで表彰台に上った。スピードスケートでダブル表彰台は、2大会ぶり3度目。優勝は1分13秒56のヨリン・テルモルス(オランダ)だった。

レース直後は思わず天を仰いだ小平だったが、「まだチャレンジできる舞台があるので、そこへ向かって調整していきたい」と国内外24連勝中の大本命・500メートル(18日)へ視線を移した。

1000メートルについては、今季世界記録を更新して「やっと自分の距離になった」と話していたが、「正直、世界記録は出したけど、完全に私は強いんだろうかって、信じ切れていない部分があった」。心の迷いがレースに出た。

500メートルは確固たる自信を持って臨めそうだ。「1000メートルで3位以内は、500メートルで金メダルを取るための方程式に載っている」と小平。さらに輝くメダルを目指す。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
陰険だろ! 夫の両親が遊びにきた時に妻がとった最悪行動3選
中村静香「こんなに体のラインがあらわになっているのは初めて」色仕掛けにもチャレンジ
【心理テスト】選んだクレヨンの色でわかる、あなたが心から望んでいる生き方
郊外から東京都心まで......閉店ラッシュの「TSUTAYA」、レンタル実店舗に未来はある?
「凄いプレゼントがあるよ」と外に出たらミニカーで落胆した夫。振り向いて凍りつく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加