自治体への申請が煩わしい「墓じまい」「改葬」の手順を解説

自治体への申請が煩わしい「墓じまい」「改葬」の手順を解説

  • NEWSポストセブン
  • 更新日:2016/11/30
No image

墓じまいの手順はけっこう大変

何らかの理由でお参りをする機会がなくなってしまったお墓をたたむ「墓じまい」。最近増えているという「墓じまい」、あるいは「改葬」をするにはどういう手順を踏めばいいのだろうか。手順を説明する。

【1】改葬の墓地、霊園と契約し、「受入証明書(墓地使用許可書)」を発行してもらう

【2】今の墓地がある市区町村役所から故人1人1枚ずつ「改葬許可申請書」を発行してもらう(自治体によってはホームページからダウンロードできる)

【3】「改葬許可申請書」に故人の生年、死亡年月日や本籍地など必要事項を記入し、寺院など今の墓地の管理者から「埋蔵証明書」を発行してもらう

【4】今の墓地がある市区町村役所へ「受入証明書」、「改葬許可申請書」、「埋蔵証明書」を提出(自治体によって提出書類が異なる場合がある)。受理されると、「改葬許可証」を発行してもらえる

【5】今の墓地管理者に、「改葬許可証」を提示し、遺骨を取り出す。管理者の指示により、更地に戻すなどの整備をする

【6】新規墓地に「改葬許可証」を提出、納骨する

なお、「墓じまい」の施工を手がける法人などでは、委任状を出すことで全ての手続きを代行してくれる。

※女性セブン2016年12月8日号

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
成宮寛貴、薬物疑惑よりも200万円のバーキンでキメたファッションにクギ付け
「室内から異臭が...」アパートに男女の遺体 親子か
大型トラックにはねられ小2死亡 「79歳のアルバイト」に同情する人も
「ネット見て作った」爆発物騒ぎ 白い粉の正体は...
また鳥インフル 水戸市でも オオハクチョウから
  • このエントリーをはてなブックマークに追加