浅間山 噴火で灰白色の噴煙が約600m上がる

浅間山 噴火で灰白色の噴煙が約600m上がる

  • ウェザーニュース
  • 更新日:2019/08/25
No image

2019/08/25 20:28 ウェザーニュース

気象庁にると、8月25日(日)19時28分頃、群馬県と長野県の県境にある浅間山で噴火が発生しました。浅間山で噴火が発生したのは今月7日(水)以来です。

噴煙は灰白色で、火口縁上概ね600mまであがりました。気象庁の設置した監視カメラでは、山頂付近から薄い噴煙のようなものが立ちのぼっている様子が見えます。

浅間山には、噴火警戒レベル2が発表されています。山頂火口から概ね2kmの範囲では、噴火に伴う大きな噴石や火砕流に警戒してください。

引き続き同程度の噴火が発生する可能性を考慮して、火山活動の推移を注意深くみていく必要があります。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
停電対応「不眠不休で」発言等の森田健作知事に批判集まる 高須克弥院長は「おそい!」「愚鈍」とバッサリ
初入閣で露見した、小泉進次郎の原発汚染水に関する「勉強不足」
進まぬ復旧。停電被害に苦しむ千葉に大混乱を招いた政治家の実名
新幹線「特大荷物置場」は、訪日観光客の混乱招く? 筆者が見た海外の事情
《池袋ラブホ殺人》警察が追う黒ずくめの中年マスク男 遺体を入れた「布団圧縮袋」はあらかじめ準備?

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加