北から南まで人気のつけ麺・ラーメンを500円で食べ尽くす! 「大つけ麺博大感謝祭」開催

北から南まで人気のつけ麺・ラーメンを500円で食べ尽くす! 「大つけ麺博大感謝祭」開催

  • Techinsight
  • 更新日:2017/09/16
No image

ラーメン好きの人ならば、人気のつけ麺やラーメンを食べ歩くのは楽しいもの。しかし地理的に離れている店舗を一日に何軒も周ることは難しい。お腹もいっぱいになってしまい、何杯も食べるわけにはいかないのが現実だ。そこで2009年の初開催以来、9年目を迎える今年の「大つけ麺博」は、全店舗“食べ比べサイズ”で一杯500円のつけ麺・ラーメンを提供する。「気になるつけ麺・ラーメンがたくさんあるのに、1杯食べたらお腹いっぱいで食べ比べできない!」「もうちょっと量を少なくして安くできないの?」というこれまでの要望に応えたものだ。「たくさん食べ比べることで、お気に入りの一杯に出会って欲しい!」という想いと来場者へ感謝の気持ちを込めて企画した文字通りの「大感謝祭」だ。

No image

『麺屋 音』濃厚鶏塩そば

2017年9月28日(木)~11月1日(水)の35日間、東京都新宿区立大久保公園にて、「大つけ麺博 大感謝祭」が開催される。北は北海道から南は大分まで全国各地から名店が大集結し、一週間ごとに9店舗が出店、5週間で合計45店舗が出店する。超人気店もすべて、食べ比べサイズ一杯500円。お腹にもお財布にも優しく、食べ比べするには絶好のチャンスだ。

ラインナップは以下の通り。

■<第1陣>9月28日(木)~10月4日(水)
・つけ麺:『中華そば ムタヒロ』、『六厘舎』、『つけめん らーめん 活龍』、『福たけ』
・ラーメン:『肉玉そば おとど』、『麺や 七彩』、『尾道ラーメン 喰海』、『彩色ラーメンきんせい』、『横浜家系ラーメン大津家』

■<第2陣>10月5日(木)~10月11日(水)
・つけ麺:『麺匠 たか松』、『手打 焔』、『BASSOドリルマン』、『田代こうじ最強軍団』
・ラーメン:『魂麺』、『麺屋 音』、『らぁめん めんきち』、『本家第一旭』、『志奈そば田なか』

■<第3陣>10月12日(木)~10月18日(水)
・つけ麺:『中華そば 依々恋々』、『くり山』、『麺堂 稲葉』
・ラーメン:『鯛塩そば 灯花』、『麺屋 あがら』、『MENSHO TOKYO』、『若武者』、『中華そば ぬんぽこ』、『らーめん くろく』

■<第4陣>10月19日(木)~10月25日(水)
・つけ麺:『らーめん こてつ』、『新旬屋 麺』、『頑者』
・ラーメン:『金澤濃厚中華そば 神仙』、『濃厚鳥パイタン 麺や 鳥の鶏次』、『中華そば 葵』、『鬼そば藤谷』、『せたが屋』
・まぜ麺:『まぜそば専門 闘牛脂』

■<第5陣>10月26日(木)~11月1日(水)
・つけ麺:『竹本商店☆つけ麺開拓舎』、『特級鶏蕎麦 龍介』、『つけ麺道 癒庵』、『中華蕎麦 とみ田』
・ラーメン:『麺屋 翔』、『眞久中』、『麺屋 つくし』、『らーめん工房 ふくや』、『長岡生姜醤油 我武者羅』

公式サイトを見ると、つけ麺・ラーメンごとに詳しい情報が分かる。濃度が10段階で表示されているのも参考になる。それによると、オマール海老、アンコウ、カラスミ、伊勢海老、ウニ、蟹、ラムなどの材料を使用したものがあり、聞くだけでお腹が鳴りそうなものや、なかなかお目にかかれない珍しいものも。各店舗とも相当のこだわりと自信を持って臨んでいるようだ。興味が惹かれる一杯があれば、時期を合わせて訪れてみてはいかがだろうか。

また、「大つけ麺博」公式アプリにより、食べた杯数に応じて貯まる「麺マイレージシステム」や、食べ比べを履歴で残す「各陣制覇システム」、出店店舗の本店を巡る「本店制覇システム」を利用できる。それぞれに特典があり、マニア垂涎のツアーに参加できたり、クーポンやオリジナルTシャツ、ジャンパーがもらえるので、こちらもチェックしてみるといいだろう。

【開催日時】
2017年9月28(木)~11月1日(水)11時~21時
※第1陣~4陣最終日は、店舗入替のため15時まで
【開催場所】
東京都新宿区歌舞伎町 大久保公園
【販売価格】
1杯500円(税込)食べ比べサイズ ※共通食券制
【公式サイト】
http://dai-tsukemen-haku.com/

(TechinsightJapan編集部 高沢みはる)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

グルメ総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
漁師飯や磯料理が好きな人は注目! 第3回フィッシャーマンズ・フェスティバル開催
道産牛とワインを一緒に楽しめる! 北海道の豪快BBQイベント
東京の夏を乗り越えた大人たちへ。丸の内の極上和食で、秋の味覚のご褒美を!
52歳元アフロ記者の“超地味メシ”は、1食200円、調理時間10分の「ワンパターンごはん」?
【名古屋】旨い肉を喰らいましょう!

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加