女子高生けんかに...“過保護”母がハンマーで大暴れ

女子高生けんかに...“過保護”母がハンマーで大暴れ

  • テレ朝news
  • 更新日:2018/06/14
No image

動画を見る(元記事へ)

バスの車内で女子高生たちが取っ組み合いのけんかに。電話を受けて駆け付けたのは、ハンマーを持った女子高生の母親だった。

高校生が乗ったスクールバス。この後、恐怖の6分間が訪れた。まず始まったのがけんか。とにかく容赦なくたたき合う2人。壊したスマホの弁償代を巡る殴り合いは1分以上続いたという。けんかを終えた2人はそれぞれ母親に電話。すると…。突然、1台の車が。強引な割り込みでスクールバスを停車させると…。バスのドアに近付いた女。何が目的なのかハンマーでドアをたたいたのだ。実はこの女、けんかで劣勢だった女子高生の母親だった。恐怖はさらに続く。逃げるバスにハンマーをたたき付けて窓を割ったという。この後も執拗(しつよう)にバスをあおる母親。もはや生徒たちはパニック状態に。この母親の行動に触発されたのか、今度は娘が車内で大暴れ。バスから降ろせとほうきで窓をたたき出した。結局、この女子高生がバスを降りて事態は収拾した。母親は娘がいじめられていると思い、助けたかったという。母親は秩序を乱す行為で起訴された。

(C) CABLE NEWS NETWORK 2018

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

国外総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
世界で最も謎のベールに包まれた「影のサミット」西側の権力者が世界の行く末を決定する「ビルダーバーグ会議」
性同一性障害、精神疾患から除外 WHOが分類見直し
関連は? 独居女性、100mの距離で1週間に2人殺害
衛生悪化、下痢に苦しむロヒンギャ難民......日赤医師が語る難民キャンプの今
自殺をほのめかしたヘザー・ロックリア、精神鑑定のため強制入院
  • このエントリーをはてなブックマークに追加