『スター・ウォーズ』来日キャスト、内容触れない宣伝「難しい」

『スター・ウォーズ』来日キャスト、内容触れない宣伝「難しい」

  • ORICON NEWS
  • 更新日:2017/12/07
No image

映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』に記者会見に出席した(人物左から)キャスリーン・ケネディ、マーク・ハミル、アダム・ドライバー、ライアン・ジョンソン (C)ORICON NewS inc.

映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』(12月15日公開)のプロモーションで来日中のキャスト、スタッフが7日、都内で記者会見を開いた。ルーク・スカイウォーカー役のマーク・ハミル、カイロ・レン役のアダム・ドライバー、脚本・監督を務めたライアン・ジョンソン氏、そしてルーカスフィルムの社長で、本作のプロデューサーでもあるキャスリーン・ケネディ氏が出席。「内容について一切触れられない映画を宣伝するのは非常に難しい」(マーク)と言いながらも、それぞれスター・ウォーズ愛にあふれるコメントで作品をアピールした。

【写真】お披露目された「スター・ウォーズ浮世絵動画」

2015年12月に公開された『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のその後を描いた『最後のジェダイ』。伝説のジェダイ、ルーク・スカイウォーカーを探す冒険に巻き込まれ、その過程でフォースを覚醒させたレイ(デイジー・リドリー)と、祖父であるダース・ベイダーを崇拝し、遺志を継ぐものとして実の父ハン・ソロを手にかけてなお“闇”に染まりきれないカイロ・レン。フォースに翻弄される2人が光と闇の間で揺れ動き、苦悩する。「スター・ウォーズ」史上最大の「衝撃作」との触れ込みだが…。

まず、キャスリーン氏が「最も衝撃的なことを説明するのは難しいのですが、この映画のすばらしいところは、光と闇の緊張感があるところ。レイは衝撃的な変身を遂げていくんです。彼女はルークやカイロ・レンとの関係を通して、自分とは何者なのかを探っていく。これが最も衝撃的なのではないかと思います」と発言。

するとマークは聞かれてもいないのに、「自分にとって最も衝撃的だったのは、役がまた回ってきて仕事をもらえたことだ。まさか、ジェダイになって年金のチャートプランまでついてくるんだ、と知って非常に安心しています」とややブラックなジョークで笑いを誘った。

アダムもカイロ・レンのマスクについて「答えられません」と話し、ライアン監督から「いい答えだね」とほめられるというやりとりも。アダムは「マスクと僕には愛憎関係があるんです。『スター・ウォーズ』を象徴する一つでもあり、人を威嚇する見た目のマスクですが、実はかぶっていると周りが見えづらくて、コケてしまったりするんです。カイロ・レンはどうやって髭をそっているのか、宇宙でカミソリをどうやって使うのか、という問題もありますよね」と話をそらしていた。

同作の撮影後、昨年末に急死したレイア・オーガナ役のキャリー・フィッシャーさんについては、ライアン監督が「彼女の今回の演技はたいへん美しいもので、そのことが彼女へのトリビュートになっていると思います。もちろん撮影当時は、これが最後のパフォーマンスになるとは思いもしなかったのですが、彼女とともに育ったファン、ずっと見てきたファン、彼女からインスピレーション受けてきたファン、それぞれの形で喪失感を感じていると思いますが、今作での彼女の演技をスクリーンで観ていただくことで、その悲しみが薄れることを願っています」とコメント。

「スター・ウォーズ」の世界で兄妹を演じたマークは「自分の中ではいまでも生きている気がしてならないんです。とくに、すばらしい演技を披露している映画を観てしまうと余計にそう思う。でも、センチメンタルなムードに覆われてしまうのは残念。毎日を精一杯楽しんで生きるのが彼女のモットーだったから、この映画を楽しんでいただければうれしい。彼女とはけんかしては仲直りする、実際の兄妹さながらに育ってきたんだ。今でも愛しているし、かけがえのない存在です」と偲んでいた。

会見の最後にライアン監督は「なぜルーク・スカイウォーカーがあの島に身を隠しているのか、いま彼がどんなことを考えているのかが、映画を観ていただければわかります。その日はもうすぐやってきます」と話していた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
佐野玲於×中川大志×高杉真宙×横浜流星 実写『虹色デイズ』4人の制服姿お披露目
映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』公開前にみたいショート作品10本
「君の名は。」地上波初放送を記念して、新海誠監督による4作品を“本編ノーカット版”で放送!
12月12日の注目映画第1位は『シェイプ・オブ・ウォーター』
新海誠監督の4作品、2018年新春に一挙放送! すべて"本編ノーカット版"
  • このエントリーをはてなブックマークに追加