宇野昌磨「驚いた」タイムオーバーで痛恨の減点 それでも圧巻100点超え2位発進

宇野昌磨「驚いた」タイムオーバーで痛恨の減点 それでも圧巻100点超え2位発進

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/12/08
No image

ジャンプの着氷に失敗し転倒する宇野昌磨

「フィギュアスケート・GPファイナル」(7日、日本ガイシホール)

男子ショートプログラム(SP)が行われ、昨年3位の宇野昌磨(19)=トヨタ自動車=は2本の4回転ジャンプを決めたが、終盤のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)で転倒し、101・51点で2位となった。首位はネーサン・チェン(米国)だった。

転倒しながら100点の大台超えの得点を獲得した宇野。表現力を表す5項目の演技構成点で全て9点台の高評価を得たことが大きかったが、「それより驚いた」と宇野自身が目を丸くしたのが、減点の項目に書かれた「2」の数字だ。

1点は分かる。転倒だ。もう1点は…。

「タイムオーバー」だった。11月のフランス杯以降、「ステップが間にあわないから」という理由で終盤を少し編曲し、曲を伸ばしたことが影響したとみられる。

それでも首位とは約2点差の2位発進。温かい声援を送ってくれた地元・名古屋のファンに「今まで出た試合の中で一番、見守ってくれているような、温かい声援だった」と感謝した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

フィギュアスケートカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
本番大丈夫?羽生、全日本出場ピンチ「氷上練習できていません」/フィギュア
スノボW杯女子ビッグエア 15歳岩渕が初優勝「ただうれしい」
羽生結弦、全日本ピンチ!氷上練習まだ再開できず
ファイナル女王のザギトワ妖艶な舞 トラ柄タイツで魅了
女子フィギュア平昌五輪代表争い宮原が一歩抜け2枠目混沌。真凜の逆転は?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加