東京為替:ドル・円はもみ合い継続、材料難で動きづらい

東京為替:ドル・円はもみ合い継続、材料難で動きづらい

  • FISCO
  • 更新日:2017/11/14
No image

株式会社フィスコ

ドル・円は材料難のなか、113円60銭台の値動きが続いている。ある市場筋は「ドルは113円前半では押し目買いが入りやすいが、113円後半になると参加者は慎重となるため、売り買いともに動きづらい」と指摘。そのうえで、米12月利上げを手がかりにドルは下値の堅い値動きが続くとみている。ユーロ・ドルも1.1650ドル前後での小動きが続いている。

ここまでの取引レンジは、ドル・円は113円50銭から113円71銭。ユーロ・円は131円29銭から132円60銭、ユーロ・ドルは1.1645ドルから1.1665ドルで推移。

<KK>

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
次世代タクシーがお目見え! それに伴い、欠かせない「アレ」もリニューアル?
三菱商事、東芝、メガバンク...大手企業を辞めた20代若手社員はどこに消えたのか? 先端テクノロジーに惹かれる若者たち
「いきなりステーキ」株価いきなり大高騰の理由
"年間1.6億人"が来るサイゼリヤの客単価
なぜ西日本で「おでん」のないセブン-イレブンが増えているのか?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加