「太陽の塔」内部公開開始日が2018年3月19日に決定

「太陽の塔」内部公開開始日が2018年3月19日に決定

  • THE PAGE
  • 更新日:2017/12/09

内部展示物の復元・再生作業が行われている万博記念公園(大阪府吹田市)の「太陽の塔」内部の公開開始日が2018年3月19日に決まった。松井一郎知事が6日午後に行われた定例会見で発表した。

再生事業の寄付金は11月末現在で9680万円に

No image

[写真]工事が進められている太陽の塔=2017年3月、大阪府吹田市で(撮影:柳曽文隆)

発表によると、塔の内部は1日に入館できる人数に制限があることや、混雑が予想されることから入館は予約制となる。予約の受付は2018年1月19日から行われる。入館料は大人700円、小中学生300円(これとは別に自然文化園入園料が必要)となっている。

この公開日決定に伴い、太陽の塔近くにある大型複合施設「EXPOCITY」光の広場など館内に設置されている約100台のモニターで、カウントダウン映像を表示する。

松井知事は会見で「昨年10月から募集した『太陽の塔内部再生事業』寄附金の11月末現在の申し込み状況は9680万円となり、目標の1億円まであと一息となっております。ご寄付頂いた皆さんには心より感謝を申し上げます。一定額以上の寄附を頂いた方には12月21日から内部公開の先行予約ができます」と話した。
地図URL:http://map.yahoo.co.jp/maps?lat=34.809523999999996&lon=135.53239390000002&z=16

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
清水アキラ三男良太郎被告、風俗嬢に覚醒剤口移しも
『失神ゲーム』で小6児童が意識不明に 「殺人行為」実態に恐怖と怒りの声
バイト中に15歳少女が転落死 太陽光パネル点検作業
“失神ゲーム”は絶対ダメ!小学生が一時意識不明に
真冬並みの寒さの日曜日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加