【ASKA】2016年お騒がせ有名人の星占い 中毒、妄想の天体が影響か?

【ASKA】2016年お騒がせ有名人の星占い 中毒、妄想の天体が影響か?

  • 東京バーゲンマニア
  • 更新日:2016/12/01
No image

aska_burnishstone's diary(Hatena Blogより)

2016年世間に話題を与えてくれた芸能人、有名人たち。トラブルに巻き込まれた人、引き起こした人、衝撃の決断をした人、勝負に打ち勝った人......、そんな彼らのこの1年を星の巡りでおさらいしていきます。

第3回目はASKA(本名・宮崎重明)容疑者。2016年11月28日、覚せい剤取締法違反(使用)の疑いで警視庁に逮捕されました。同容疑での逮捕は2度目。現在は執行猶予中(14年9月に覚せい剤取締法違反罪で懲役3年、執行猶予4年が確定)でした。

当日は再逮捕報道に反論するブログを直前まで更新しており、逮捕への関心が高まっていました。

当時のASKA容疑者の星回りは

ASKA容疑者は、自身を示す太陽がうお座、内面を示す月がおうし座に位置しています。これだけ見ると、穏やかで優しく争い事を好まない性格。人見知りをしたり、用心深かったりする面はありますが、打ち解けてくると人懐っこく甘え上手な一面があります。

少々天然な面もあり、外見よりもずっと女性らしい細やかさを持つ人物と言えるでしょう。

しかし、仕事や考え方、好みの傾向を司る水星と金星は、自由奔放で枠にとらわれないみずがめ座に位置しており、行動力をつかさどる火星は堅実で着実な歩みを求めていくやぎ座です。人とのかかわり合いではとても優しいのですが、目指す目標に向かっては頑固で我が道を進むタイプと言えるでしょう。

さらに、出生図のなかで特徴的なのは「海王星」という天体。彼の私生活や楽しみをあらわす、金星、月はもちろんのこと、太陽、木星、天王星にも複数の天体に影響している特殊な星配置の人です。

海王星は、「芸術や慈悲心」を表す天体ではありますが、ネガティブな影響が出ると「薬、中毒、妄想」の天体です。今回の事件では、芸能界での活動や社会的なプレッシャーに耐えかねて「麻薬」という道を選んでしまったのではと推測します。

とくに現在の星配置を見ますと「迷いや誘惑」といった象意を司る海王星がずっと魚座に鎮座しています。これだけでも、柔軟星座である双子座、射手座、魚座に星を持つ人は、迷いやすくクヨクヨしたり、間違った道を選んでしまったりしがちな運勢です。

その他の星座の方も、海王星の刺激を受けてトラブルを起こしている可能性が高いのですが、ASKA容疑者の場合は、太陽が魚座に位置していることと、さらに2年前はASKA容疑者の太陽に168年に一度しかこない海王星がバッチリと乗っかってしまい、影響を受けてしまったことと、火星に247年に一度しかこない冥王星が乗り、トラブル発覚の配置との関連があると考えられます。

来年の運勢は?

加えて、産まれた時のチャートの月に、現在のASKA容疑者を示す太陽が乗っかるため、新しいスタートや、新しい展開になりやすい時期です。これからどういう人生を過ごしていくかという重要な決断を迫られている時期に、タイミング悪く海王星の影響を強く受けてしまったのかもしれませんね。

今後は、2019年から20年あたりに革命の天体の天王星が複数天体に影響を与えることから、十分に反省をした上で、新しい彼をみられることを期待します。

早矢(はや)

占星術研究家/占い師。「インスパイア吉祥寺」主宰。西洋占星術・タロット占いをメインに鑑定・執筆・講演を行う。のべ鑑定人数は1万5000人以上、TV・新聞・雑誌等メディア出演多数。著書に「守護石事典 あなたを守り導く バースデー&ナンバー」(マイナビ)がある。早矢オフィシャルサイト(http://www.haya-web.com/)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「この老夫婦、40年前の姿が想像できたら神だと思う...」孫が見たら仰天しそうな写真
その手があったか!「コンドームエッチ」で気持ち良くなる方法3つ
人をダメにする着る毛布「ダメ着」のニューバージョンが完全にダメなやつ / 頭から足まですっぽり包まれて着たままトイレもできる!
【マジ勘弁】「ルームメイトの歯ブラシ」でムスコを磨く男が激撮される
医師に聞く! トイレが「近い人」と「遠い人」のちがいって何?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加