猫は寝子だけど!なぜそこで熟睡できる?そして起きない?演奏中にずっとピアノの上で眠る猫

猫は寝子だけど!なぜそこで熟睡できる?そして起きない?演奏中にずっとピアノの上で眠る猫

  • カラパイア
  • 更新日:2019/04/16

猫は夜行性で、日中のほとんどをスリーピングに費やすDAYSなもんだから、「寝子」とも呼ばれたりなんかしているが、寝る場所は選ばないようだ。

飼い主男性はピアノを弾いているのだが、ハンマーの上を今日の寝床として選んだこの猫。

ピアノの鍵盤の動きに連動してハンマーも動くのだがまったく動じない。ピアノの音すら気にならないようで、まったく全然起きる気配はなしだ。

【他の記事を見る】傷ついた野良猫たちを保護していった結果、9匹の猫を家族にしたトルコのピアニスト

Cat Lies Down on Piano Keys While Human Plays a Tune - 1034223-2

てこでも起きない。それが猫クオリティ
男性のピアノに陣取り、気持ちよさそうに眠る猫

No image

これは完全に寝てますわ。

No image

ピアノを弾こうと思ったら既に猫がいたのか、弾いていたら猫がやってきたのかはよくわからない。だが猫ってそういうところあるあるだ。

飼い主が今使用しているモノ、あるいはこれから使おうとおもうモノのそばにやってきて、いちばん邪魔なポイントにドンと居座りがち、そこで寝がちなのは、猫飼いならば良く知っていることだろう。

例えばキーボードを打っている時にはキーボードの上とか、テレビを見てるときにはモニターの真ん前とか、ある種の「私はここにいるけど?」という存在アピールなのかもしれない。それならっと、猫にかまおうとするとプイっとどこかにいってしまったりもして、なかなか一筋縄ではいかない、だがそれが良いのだ。

でもこの猫の場合、飼い主の弾くピアノの音色が好きで、子守歌のように聞こえていたのかもしれないね。

追記:(2019/4/16)本文を一部訂正して再送します。

・あわせて読みたい→させぬ!行かせぬ!人間の生活をことごとく邪魔する猫たちの所業

動画・画像が表示されていないときはこちらから

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

動物カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
足が短くて、小さな段差を降りられなかったモコモコのアラスカン・マラミュートの子犬がした行動が可愛すぎる笑
ごめん、ボク明日からはもうここにはいないんだ。巣立ちを前にしたメンフクロウのヒナと住人の優しい関係
屋外なのに大胆に抱きついたりキスしたり、ラブラブな犬猫カップルが話題に!
娘から老夫婦に託された猫 甘え上手な“おじいちゃん子”に
柴犬が力士のように強そうな姿に「土俵入りのよう」「これはハッケヨイーヌですわ」の声
  • このエントリーをはてなブックマークに追加