ミルスペック準拠の堅牢性と実用性を併せ持つスマートウオッチ『Galaxy Gear S3 frontier』

ミルスペック準拠の堅牢性と実用性を併せ持つスマートウオッチ『Galaxy Gear S3 frontier』

  • @DIME
  • 更新日:2016/11/30

Galaxyは円形のリアルウオッチデザインを採用したウェアラブル端末『Galaxy Gear S3 frontier』をKDDI、沖縄セルラー電話に納入。12月上旬以降、auショップおよびauオンラインショップ等で販売を開始する。『Galaxy Gear S3 frontier』は米国国防総省の軍用規格(MIL-STD-810G)に準拠した堅牢性を兼ね備えた、アクティブウオッチな仕上がりのウェアラブル端末だ。

No image
No image

『Gear S2』から採用した円形のディスプレイを引継ぎ、16Mフルカラーを実現したことによるリアルな表示性能を実現。また、IP68防水と、米国国防総省の軍用規格(MIL-STD-810G)に準拠した高い耐久性と堅牢性を兼ね備え、実生活でより安心して使いやすい機能とデザインを両立した。

機能面では気圧計/高度計だけでなく、GPS機能を搭載したことで、スマートフォンと接続せずに本製品単体でランニングやゴルフなどのスポーツのほか、キャンピングやハイキングなどのレジャー活動を力強くサポートする。また、スピーカーも内蔵しており、電話の応対も可能。さらに、おすすめアプリを本製品単体でもダウンロードすることが可能だ。

Galaxyスマートフォンに搭載されて好評の省電力モードを、『Gear S2』に引き続き採用。容量380mAhのバッテリーを搭載し、通常モードの利用で3~4日間、省電力モードの利用で4~5日間の電池持ちを実現することで、さらに利便性が向上した。また、Watch Onlyモードにより、バッテリー残量が5%の状態でも約10時間の使用が可能になり、充電環境のない中でも安心して利用できる。

さらにホームボタンを3回押すことで、あらかじめ指定した連絡先に位置情報とSOSメッセージを簡単に送信できる通知機能を搭載。緊急時に安心の機能といる。

本体サイズは約46×49×12.9mm、約63g (本体のみ)。ディスプレイは約1.3インチ、360×360 Super AMOLED Full color AOD, Gorilla GlassSR+。使用時間は通常モード:3~4日間, 省電力モード:4~5日間。メモリはRAM:768MB、ROM:4GB。対応スマートフォンはGalaxy:Android Ver.4.3以上/RAM容量1.5GB以上/Gear Manager  DL:Galaxy Apps。他社Androidスマートフォン/AndroidTMVer.4.4以上/RAM容量1.5GB以上/Gear Manager  DL:Playストア

関連情報

http://www.samsung.com/jp/home/

文/編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
女の子にマッサージも アダルトゲーム「VRカノジョ」が最新VRコントローラー対応で、“手”で触れるプレイが可能に
トヨタ製カーナビアプリが無料公開。使い勝手どう?
マリファナや野菜を自宅で簡単に育てられる全自動栽培ボックス「Leaf」
電源なしでいつまでも音を拾い続けるVesperの超長寿命超低電力マイクロフォンが$15Mの資金を獲得
iOS版Twitterアプリのリプライ表示変更、ミスだった

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加