松本晋太郎 初防衛に失敗 「やりにくかった」手数に圧倒され完敗

松本晋太郎 初防衛に失敗 「やりにくかった」手数に圧倒され完敗

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2016/10/21
No image

「東洋太平洋スーパーミドル級タイトルマッチ12回戦」(17日、後楽園ホール)

4月に3度目の挑戦で悲願の王座に就いた王者・松本晋太郎(31)=ヨネクラ=が同級3位・ジェイド・ミッチェル(30)=豪州=に10回負傷判定で敗れ初防衛に失敗した。

立ち上がりから猛然と襲いかかる相手に飲み込まれた。手数に圧倒され、4回には右目尻を切り裂かれた。足も使われ反撃の糸口をつかめないまま偶然のバッティングで傷口が広がりジ・エンド。松本は「スピードは想定していたがやりにくかった。焦りがなかったといえばうそになる。気持ちが先走って、大振りになった」と悔しさをかみ殺した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

格闘技カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ゲキサカ秘蔵写真[2007.12.9]中村充孝(市立船橋高)
ロシアのボクサー、ドーピングでリオの銀メダル剥奪
拳四朗TKOで初防衛「予想外の早さで終わった」
拳四朗が3回TKOで初防衛 来年は世界挑戦も視野に
大森 王者負傷で12・31世界戦中止「頭が真っ白」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加