Lenovoの新タブレット「M10 / P10」ハンズオン:ドック付きでスマートスピーカーにもなるよ #CES2019

Lenovoの新タブレット「M10 / P10」ハンズオン:ドック付きでスマートスピーカーにもなるよ #CES2019

  • ギズモード・ジャパン
  • 更新日:2019/01/11
No image

Image: Alex Cranz / Gizmodo US

2Wayの使い方でお得感2倍!?

単体で完結してしまっているタブレット端末は、ある意味ナマケモノといっても良いかもしれません。少なくとも、Lenovo(レノボ)はそう考えているようです。

同社は、タブレットはNetflixの視聴やソリティアのプレイ以外にも使用できると考えており、300ドル以下のタブレット端末を2種類、発表しました。それらはAlexaを搭載したスマートスピーカーにもなり、Bluetoothスピーカーとして使えるドックも完備しています。

その正体は

「Lenovo Smart Tab M10」および「P10」と名付けられた、10.1インチFHDディスプレイのAndroid Oreoタブレットです。Alexa搭載タブレットといえば、「Amazon Echo Show」がありますが、Lenovoのタブレットは、合体分離するのがミソです。これまでのスマートスピーカーのように、家電の操作や音楽再生、天気予報のチェックに加えて、手持ちのタブレットとして動画配信なども楽しめるのです。

2つのタブレットは、同じQualcomm450プロセッサーを搭載し、Bluetoothを巧みに利用してAlexaを操作します。タブレットをドックに差し込むと、その下側にある2本のピンがドックと通信して接続するように指示を出します。ですがブースで見たデモでは、ペアリングにバグが発生しており、上手く繋がっていませんでした。Lenovoはこの接続方法が独自ポートやUSB-Cよりも優れていると言っていますが……採用するにあたってのコストも大きく関係しているようです。ともあれ、製品化するときには直っていることと思われます。

No image

Image: Alex Cranz / Gizmodo US

No image

Image: Alex Cranz / Gizmodo US

No image

Image: Alex Cranz / Gizmodo US

No image

Image: Alex Cranz / Gizmodo US

No image

Image: Alex Cranz / Gizmodo US

No image

Image: Alex Cranz / Gizmodo US

No image

Image: Alex Cranz / Gizmodo US

「M10」

「M10」は200ドル(約2万6100円)で「P10」は300ドル(約3万2400円)と、どちらも凄く安いです。「M10」は2GBか3GBのRAMと、16GBまたは32GBの容量が選べます。前面には2Mピクセル、背面には5Mピクセルのカメラがあり、 4,850mAhのバッテリーが内蔵されています。ドックはBluetoothスピーカーでありながら、充電ステーションでもあるのです。

「P10」

RAMは最高4GBまであり、容量は最大64GBです。そしてバッテリーは7,000mAhで前面のカメラが5Mピクセル、背面が8Mピクセルとすべてにおいてアップグレードされています。さらには指紋認証とふたつの追加スピーカーもあり、重量は「M10」が約476g、「P10」が439gという手頃な軽さとなっています。

どちらもよく似ていますが、「P10」のほうが良さそうですね。両方のタブレットは今月後半に出荷されるので、詳細は追ってお知らせします。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
DISCOVER、ジェームズ・ボンドに影響受けた高機能レザーバッグFAIRE発売
一番売れてるワイヤレス、世界一ノイズレスなヘッドホン...万人に愛されるオーディオ機器5選【いま欲しい2018年ベストアイテム】
新型PloomTECH(プルームテック)の発表キターッ! 2モデル登場で発売開始は1月29日と判明ッ!!
オリンパス「OM-D E-M1X」手ぶれ補正すごすぎ
トンガの海底ケーブルが断線して携帯電話もインターネットも使えず...「国家の危機」との声も

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加