韓国で波紋広げるコロンビア代表MFの人種差別行為 本人謝罪も事態収束せず「FIFAへ報告も...」

韓国で波紋広げるコロンビア代表MFの人種差別行為 本人謝罪も事態収束せず「FIFAへ報告も...」

  • Football ZONE web
  • 更新日:2017/11/13
No image

カルドナのジェスチャーに韓国代表選手も怒り露わ 「絶対に許されない」

10日に行われた韓国代表とコロンビア代表の国際親善試合で、コロンビア代表MFエドウィン・カルドナが人種差別的と疑われる行為をしていたことが、韓国メディアで連日報じられている。

試合は韓国のエースFWソン・フンミンが2ゴールを上げる活躍で2-1と勝利したことが大きく報じられる一方で、韓国内では人種差別騒動が大きくなっている。

カルドナの行為の発端は、韓国に2点のリードを許していた後半18分あたりに発生した。競り合いによって倒れたDFキム・ジンスのユニフォームを、コロンビアMFハメス・ロドリゲスが引っ張って無理やり引き起こそうとすると、キム・ジンスが右手で振り払うような仕草をした。するとハメスは顔を手で押さえて倒れ込み、両チームの選手たちが集まり一触即発の雰囲気となった。

そのなかでカルドナが、目を細めるようなジェスチャーを行っていた。アジア人の容姿を揶揄する行為に、最も怒りを露わにしていたのが、MFキ・ソンヨンだった。

試合後、キ・ソンヨンは「コロンビアの選手は激しいラフプレーがたくさんあったが、それは真剣勝負の中なのでよくあること。ただ、人種差別的な行為は絶対に許されない」と語っていたことを地元メディアは報じている。

「親善試合なので大きな問題にはしないが…」

韓国内ではインターネットやテレビでカルドナの映像が流れ、それを見た韓国のサッカーファンが大激怒。カルドナのSNSには誹謗中傷のメッセージが大量に書き込まれて大炎上した。それにはさすがに驚いたのか、カルドナは代表チームの公式ツイッターに謝罪の映像をアップして、「揶揄する意図はなかった」と事態の収拾を図った。

だが、謝罪したからといって簡単に収まるわけがない。

韓国のスポーツ総合サイト「スポーツワールド」は、「大韓サッカー協会は『コロンビア側に問題の行為について確認の要請をした。親善試合なので、謝罪があれば大きな問題にはしない。ただ、誠意が見られなければFIFAに報告して対応しようと考えている』と語った」と伝えている。

コロンビア側からの謝罪はあるのか。今後の展開によってはカルドナへ懲罰が下される可能性もある。この騒動はまだまだ尾を引きそうだ。

【了】

金 明昱●文 text by Myung-wook Kim

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

【動画】「The Sun Football」が公式ツイッターに投稿した、カルドナが行った人種差別行為の瞬間

No image

Colombia’s Edwin Cardona publicly apologises for making racist gesture to South Korean player https://t.co/khT1I466AI
— The Sun Football ⚽ (@TheSunFootball)
2017年11月11日
from Twitter

「The Sun Football」が公式ツイッターに投稿した、カルドナが行った人種差別行為の瞬間

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
<サッカー>W杯予選敗退国を招待する「裏W杯」開催?なぜ中国は招待されないのか―中国ネット
首都決戦  両チームが犠牲者に
シティが10連勝!今季7度目の完封勝ちでレスターを一蹴...岡崎は途中出場
ペップがレスターを警戒「手強いチーム。バーディは裏を抜ける選手だし岡崎は...」
ラモス出血 前半はスコアレス
  • このエントリーをはてなブックマークに追加