リバプールMFがカーディフへレンタル移籍「興味があると聞いてすぐに行きたい場所になった」

リバプールMFがカーディフへレンタル移籍「興味があると聞いてすぐに行きたい場所になった」

  • フットボールチャンネル
  • 更新日:2020/10/17
No image

【写真:Getty Images】

チャンピオンシップ(イングランド2部)のカーディフ・シティが16日、リバプールに所属する23歳のウェールズ代表MFハリー・ウィルソンを期限付き移籍で獲得したと発表。

クラブの発表によると、1年間のレンタル契約になるという。ウィルソンはカーディフの公式サイトを通じて「ここでのスタートを楽しみにしている。いくつかのクラブからオファーを頂いたが、カーディフが僕に興味を持っていると聞いて、すぐに行きたい場所になった。ウェールズとの繋がりは僕にとって大きな意味を持つ。ここに来ると家に帰ってきたような感じがするんだ」と語っている。

リバプールの下部組織で育ったウィルソンは、これまでにクルー・アレクサンドラ、ハル・シティ、ダービー・カウンティFC、ボーンマスへのレンタル移籍を経験している。古巣のダービー・カウンティFCやノッティンガム・フォレストFC、スウォンジー・シティなど複数のクラブから関心を示されていたが、最終的にカーディフへ移籍することを選択した。

編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加