U-17日本高校選抜が始動。DF宝納拓斗(佐賀東2年)「やっと同じスタートラインに立てたなと思いました」

U-17日本高校選抜が始動。DF宝納拓斗(佐賀東2年)「やっと同じスタートラインに立てたなと思いました」

  • ゲキサカ
  • 更新日:2021/11/25
No image

24日、今夏のインターハイ優秀選手や同大会で活躍した1、2年生選手を中心に構成されたU-17日本高校サッカー選抜が、Jヴィレッジ(福島)で5日間の合宿をスタートした。初日の練習後、各選手がオンラインでコメント。高精度の左足フィードと高身長を活かしたプレーを魅力とする佐賀東高(佐賀)DF宝納拓斗(2年=Team Exceed 白石出身)の合宿への意気込みや選手権予選の感想、ライバル視している選手は?

●DF宝納拓斗(佐賀東高2年)

―U-17日本高校選抜に選ばれた感想を教えて下さい。

「自分の1個上に吉田陣平という新潟に内定している先輩がいるんですけれども、去年高校選抜に2年生で呼ばれていて、そこから彼はプロになっているんで、自分もプロを目指しているので、やっと同じスタートラインに立てたなと思いました」

―今回の合宿への意気込み、ノルマは?

「自分はCBなので後ろがしっかり守って失点しない限り、チームが負けることはないので、無失点というところは意識していきたいです」

―自分が誰にも負けていない、負けたくない武器、半端ないと言えるようなところは?

「自分の左足のロングフィードとか注目して欲しいです」

―選手権予選での自分のプレーの評価を教えて下さい。

「準決勝までは自分のプレーにあまり自信を持てていなくて、消極的なプレーが増えて挑戦するプレーがあまりなくて、だけど決勝は先制点を奪われたんですけれども(積極的にプレーして)延長戦で逆転できたので良かったです」

―今回の合宿メンバーや選手権出場校の選手で自分が意識している選手、ライバルと言える存在は?

「1個上のチェイス・アンリ選手です。ゴールを決めて勝たせられる選手なので。福島県の決勝で最後チェイス・アンリ選手が決めたのは自分も動画で見ていて。自分のできないところはやっぱり点を決めるというところなので、セットプレーのところとかで自分も得点してチームに貢献したいです」

―今回の合宿を選手権全国大会にどう繋げていきたい?

「(選手権は)ベスト8以上という目標を掲げているので、ここで学んだことをチームに還元できるようにしっかり学んでいきたいです」

(取材・文 吉田太郎、取材協力 高体連、高校サッカー年鑑)▼関連リンク

●【特設】高校選手権2021

▶高校サッカー選手権 地区大会決勝ライブ&アーカイブ配信はこちら

Gekisaka

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加