阪神北條2軍戦でアクシデント フェンス激突、左肩押さえうずくまり交代

阪神北條2軍戦でアクシデント フェンス激突、左肩押さえうずくまり交代

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/09/15
No image

ウエスタン阪神対ソフトバンク 2回表ソフトバンク無死一塁、増田の打球を追い左肩を負傷する北條(撮影・上田博志)

<ウエスタン・リーグ:阪神-ソフトバンク>◇15日◇甲子園

阪神2軍のウエスタン・リーグ、ソフトバンク戦(甲子園)で北條史也内野手(27)がアクシデントに見舞われた。

2回無死一塁、三塁守備についていた場面。ソフトバンク増田珠内野手(22)が打ち上げた三塁ファウルゾーンへの飛球を追いかけ、左手を懸命に伸ばしたが届かず、腕がフェンスにぶつかった。北條は右手で左肩を押さえながらその場にうずくまった。

すぐにトレーナーが駆け寄ったが、そのままトレーナーに左腕を支えられるかたちでベンチに退いた。直後に荒木郁也内野手(33)と交代した。

北條は18年9月にも打球処理のために飛び込んだ際に左肩を負傷し「亜脱臼」と診断され戦列を離脱している。

12日の同広島戦(甲子園)では2ランを放つなど1軍再昇格へ向け猛アピールを続けていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加