広島-巨人は引き分け 広島は栗林が新人連続無失点新記録も連敗脱出の白星ならず

広島-巨人は引き分け 広島は栗林が新人連続無失点新記録も連敗脱出の白星ならず

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/05/05
No image

力投する先発の巨人・高橋優貴=マツダスタジアム(撮影・立川洋一郎)

「広島1-1巨人」(4日、マツダスタジアム)

広島は今季3度目の引き分けに終わった。

広島先発の床田は7回8安打1失点と粘投。四回1死から三連打を浴び、先制点を許したが、その後は再三得点圏に走者を進めながらも粘りの投球で要所を締め、試合を作った。また、九回にマウンドに上がったドラフト1位の栗林(トヨタ自動車)が1回無失点に抑え、ドラフト制後の新人最多を更新する14試合連続無失点の記録を達成した。

打線は三回2死満塁の絶好機で鈴木誠が三振に倒れるなどチャンスであと一本が出ず、五回に床田が放った犠飛の1点のみと沈黙した。

巨人は四回に炭谷の中前適時打で先制したが、その後は打線がつながらなかった。5戦5勝と絶好調の先発・高橋は7回1失点の好投も勝ち星がつかず、開幕6戦6勝とはならなかった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加