飛び級でU-24日本代表初招集の鈴木彩艶、肌で感じた「そこまで劣っていない」

飛び級でU-24日本代表初招集の鈴木彩艶、肌で感じた「そこまで劣っていない」

  • ゲキサカ
  • 更新日:2021/06/10
No image

“最終選考”の場で初招集。そして、飛び級で招集された。U-24日本代表GK鈴木彩艶(浦和)は新たな刺激を受けながら活動を続けている。

所属する浦和でGK西川周作からポジションを奪い、出場機会をつかみ、今回の合宿でU-24日本代表に初めて招集された。「チームで試合に出場していることが評価されての選出だったので、そこは嬉しく思いました」と素直に喜びを表した。

同じGK陣には、GK大迫敬介(広島)、GK沖悠哉(鹿島)、GK谷晃生(湘南)、そして鈴木と、J1クラブでレギュラーを張る選手たちが顔を揃えた。ハイレベルな争いに「最初はあまりついていけないレベルという感じがした」ようだが、「練習をやっていく上で、自分がそこまで劣っていないと肌で感じた。自分の良さをドンドン出さないといけないと感じている」と手応えも感じている。

東京五輪本大会まで1か月強。残された時間は限られているが、「シュートストップの部分では伸びのあるセービング。攻撃の部分ではキック力があるので、そこからのチャンスメイクを出していきたい」とアピールを続け、与えられたチャンスをつかみ取りたい。

(取材・文 折戸岳彦)●東京オリンピック(東京五輪)特集ページ

Gekisaka

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加