「いい形で次に進める」白星発進に森保監督も手応え!“コロナ騒動”には「我々が惑わされないように」

「いい形で次に進める」白星発進に森保監督も手応え!“コロナ騒動”には「我々が惑わされないように」

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2021/07/22
No image

戦況を見守る森保監督。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

U-24日本代表は7月22日、東京五輪のグループステージ初戦でU-24南アフリカ代表と対戦した。

立ち上がりから主導権を握ったのは、開催国・日本。久保建英や堂安律を中心に圧倒的に押し込み、ビッグチャンスも作るが、ベタ引きの相手にゴールを奪うことができない。それでも71分、ついに均衡を崩す。ペナルティエリア右でボールを持った久保が中央へ切れ込み、自慢の左足を一閃。鮮やかにネットを揺らした。

結局、このゴールが決勝点となり、日本は1-0で勝利。悲願の金メダル獲得へ、幸先の良いスタートを切った。

試合後、インタビューに応じた森保一監督は、「もっと楽な試合にしたかった」と率直な思いを明かしながらも、きっちりと勝ち切ってみせたことに手応えを示している。
「なかなかゴールを割らしてくれないなか、選手たちが我慢強く戦ってくれたことは次に繋がる。簡単に我々の思ったような戦いにならないということは、今日の初戦でも分かったと思うので、今日の反省を生かして次の試合に臨みたい」

対戦相手に新型コロナ陽性者が複数出たため、一時は試合開催自体が危ぶまれていた。ただ、チームは全員が同じ方向を向いていたようだ。

「チームで常に試合があるということで準備していた。あんまり試合があるとかないとか、相手のコロナ騒動で我々が惑わされないように、自分たちの準備をしていこうということで選手たちにはずっと話していた」

日本は25日にメキシコ、28日にフランスと対戦。指揮官も「勝点3を獲って第2戦に進めるということは、非常にチームとしてもいい形で次に進める」と話したように、今後に向け弾みのつく勝利となった。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】自慢の左足を一閃!日本男子第1号は久保の鮮やかな一撃

【五輪代表PHOTO】U-24日本1-0U-24南アフリカ|均衡した展開の中で久保が値千金の先制弾!五輪初戦を勝利で飾る!

【日本代表PHOTO】東京オリンピックに挑む、選ばれし22選手を紹介!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加