韓国トップ女優と元巨人投手の両親を幼い頃に亡くした“悲劇の娘”、満19歳なのに高校在学のワケ

韓国トップ女優と元巨人投手の両親を幼い頃に亡くした“悲劇の娘”、満19歳なのに高校在学のワケ

  • スポーツソウル日本版
  • 更新日:2022/06/23

韓国の国民的女優だった故チェ・ジンシルさんと、元読売ジャイアンツの投手チョ・ソンミンさんの娘であるチェ・ジュンヒが近況を伝えた。

【写真】チェ・ジュンヒと国民的女優の母が「そっくり」と話題

チェ・ジュンヒは6月22日、インスタグラムのストーリーを通じて写真を公開した。

公開された写真には、学校から帰ってくるチェ・ジュンヒの姿が写っている。高校の制服を着たチェ・ジュンヒは下校中、鏡で自分の姿を撮影した。マスクを使っても隠せない美貌と、スタイルの良さが伝わってくる。

2003年3月生まれのチェ・ジュンヒは満19歳だが、病気による入院などで高校を終えおらず、今も通っている。チェ・ジュンヒは制服も自分だけの魅力で着こなしており、腕のアクセサリーとタトゥーが目立つ。

No image

(写真=チェ・ジュンヒInstagram)

彼女は幼い頃、ループス病で闘病した。その後、ダイエットで30kg以上を減量したという。

なおチェ・ジュンヒは今年5月、母と同じ女優デビューするために契約していた所属事務所との専属契約を解除した。

◇チェ・ジュンヒ プロフィール

2003年3月1日生まれ。母親は韓国の国民的女優だったチェ・ジンシルさんで、父親は読売ジャイアンツでもプレーしたプロ野球選手チョ・ソンミンさん。両親は2000年に結婚したが、2004年に離婚。その後、母チェ・ジンシルさんは2008年に、父チョ・ソンミンさんは2013年にこの世を去っている。2022年2月にY-BLOOMエンターテインメントと専属契約を結び、母親と同じく女優として活動するとされたが、同年5月に契約解除となった。

スポーツソウル日本版

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加