怖いと知りつつホラー作品を見てしまう謎 書籍『ホラーの哲学』で考察

怖いと知りつつホラー作品を見てしまう謎 書籍『ホラーの哲学』で考察

  • KAI-YOU.net
  • 更新日:2022/09/27
No image

人々を惹きつけてやまないジャンル「ホラー」を哲学的な観点から論じた書籍『ホラーの哲学 フィクションと感情をめぐるパラドックス』が、フィルムアート社から9月24日(土)に刊行される。

【画像をもっと見る】

アメリカの分析美学者であるノエル・キャロルさんによる書籍の邦訳版となる。訳者は高田敦史さん。価格は3520円(税込)。

名作からB級、ホラー史に残る作家から当代随一の小説家まで

本書では、様々なホラー作品が取り上げられている。

『フランケンシュタイン』『ジキル博士とハイド氏』『ドラキュラ』『エクソシスト』『オーメン』『エイリアン』など、誰もが聞いたことのある名作ホラーから、無名のB級作品。

または、TRPGシナリオの題材として今なお独自の発展を遂げている「クトゥルフ神話」の原典を生み出したH・P・ラヴクラフトさんや、当代随一のホラー小説家であるスティーヴン・キングさんなど、ホラー史における重要人物に触れながら、このジャンルを理論化・体系化。

そもそもホラーとは何なのか、目に見えない何かに恐怖を感じるのはなぜか、そして怖いとわかっていてもそれを求めてしまうのはなぜなのか……こうした問いに取り組んでいる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加