ダフト・パンクのトーマ・バンガルテル、デュオ解散以来初のソロ・プロジェクトはバレエ音楽

ダフト・パンクのトーマ・バンガルテル、デュオ解散以来初のソロ・プロジェクトはバレエ音楽

  • Billboard JAPAN
  • 更新日:2023/01/25
No image

2023年1月24日、ダフト・パンクのトーマ・バンガルテルが、2021年2月に正式に解散を発表して以来初となるソロ・プロジェクトを4月にリリースすることが明らかになった。

トーマがリリースする初ソロ作『Mythologies』は、フランスの振付師アンジュラン・プレルジョカージュの依頼で同名のバレエ作品のために制作された。このバレエは、ボルドー・アキテーヌ国立管弦楽団による演奏で仏ボルドーで初演された。

このプロジェクトのプレス・リリースには、90分のスコアは、「バロック音楽への愛と、アメリカのミニマリズムの痕跡をほのめかし、その短いフレーズは進行性の変奏のプロセスに従っている」と記載されている。このオーケストラ作品には、電子的な要素は一切含まれていない。

4月7日にErato/Warner Classicsから発売されるこの作品は、2019年秋にプレルジョカージュがトーマに新作の音楽を書いてほしいと依頼したことから始まった。依頼を受けた際、トーマはこの作品がオペラ・ナショナル・ド・ボルドーのバレエ団のダンサー10名、プレルジョカージュ自身のカンパニーから10名、そして劇場の専属オーケストラのためのものになると知らされていた。

リリースには、「この依頼は、バンガルテルがフル・オーケストラのために作曲したくてうずうずしていたまさにその時に舞い込んだ」と書かれている。こうして生まれた、23の場面とそれに対応する音楽は、「私たちを反映し形成する古今の神話を受け入れることによって、人類が共有するレガシーを掘り下げることにほかならない」とのことだ。

トーマの父で自身も70年代から80年代にかけて欧州のディスコ・シーンに影響を及ぼした音楽プロデューサーだったダニエル・ヴァンギャルドが、昨年11月に米ビルボードで、英語媒体では生涯初となるインタビューに応じた。そのインタビューで彼は、息子と彼の音楽仲間が駆け出しだった頃に手を差し伸べたことについて、「全てのアーティストが自由であるべきだと思う。私は、トーマ、ギ=マン(ギ=マニュエル・ド・オメン=クリスト)、そして彼らの友人たちが障壁なくリリースできるよう、できる限り手助けをした。彼らはまだ20歳で、業界は彼らを圧迫していたかもしれない。通常の契約では、作品とリリースされる時期との間に干渉が生じる。私のインプットは、彼らが自由に制作できるような良い環境を作る手助けをすることだった」と振り返っていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加