佐田の海が全勝碧山に土つけ1敗「足の裏を土俵が包んでくれている」混戦場所の主役に名乗り

佐田の海が全勝碧山に土つけ1敗「足の裏を土俵が包んでくれている」混戦場所の主役に名乗り

  • 日刊スポーツ(バトル)
  • 更新日:2022/05/14
No image

佐田の海(右)に押し出しで敗れる碧山(撮影・横山健太)

<大相撲夏場所>◇7日目◇14日◇東京・両国国技館

西前頭12枚目の佐田の海(境川)が、幕内下位から混戦場所の主役に名乗りを上げる。勝ちっ放しの碧山に土をつけて1敗をキープした。相手の突きを我慢強く下からあてがい、182キロの巨漢を引かせた。「相手も好調だけど、自分も5勝1敗で好調だと思っていたので気にならなかった」と胸を張った。碧山と並んで先頭で中日を迎える。

好調の要因は、稽古で培った「足の裏」の感覚にある。「立っているだけで、足の裏全体で土俵をつかむというより、包んでくれている感覚。『親指に力を入れて相撲を取れ』と入門したときから言われていることだが、よりよい感覚が今つかめている。すごく(土俵に)なじんでいる」。

元小結佐田の海の父宏司さんを持つ2世力士。最高位は西前頭筆頭で三役経験はないが、差し身のうまさを武器に幕内通算在位は40場所。11日に35歳の誕生日を迎えたベテランは、新境地を切り開いている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加