原巨人 「岡本シフト」のDeNAに6連敗!不安視される主砲・岡本の状態とは

原巨人 「岡本シフト」のDeNAに6連敗!不安視される主砲・岡本の状態とは

  • ココカラネクスト
  • 更新日:2021/09/15
No image

戦場が変わってもDeNAの勢いは止められなかった。

先週敵地で行われた3連戦(横浜スタジアム)では、2敗1分けと散々な結果に終わり、本拠地での巻き返しを誓っていた巨人だったが、14日のDeNA戦(東京ドーム)にも2―3と敗れ、これで引き分けをはさみ6連敗。同カードは7月3日から8戦勝利がない。チームは坂本を4月7日の阪神戦以来となる3番に置くなど打線を大幅に組み換え、臨んだ一戦だったが、あと一本が出なかった。

・今すぐ読みたい→
巨人・丸に原監督激怒「見られたもんじゃない!」 そのウラにある「2つの理由」とは https://cocokara-next.com/athlete_celeb/tatsunorihara-scold-yoshihiromaru/

先発の山口は六回まで桑原のソロによる1失点と粘投。しかし同点の七回一死、ソトへの初球がすっぽ抜け、ヘルメット上部をかすった。これが危険球とみなされ、プロ野球史上最多となる通算4度目の危険球退場を宣告された。

さらに急きょ代わった2番手の田中豊が初球を牧に左中間へ運ばれ、決勝2ランを浴びる。敗れた試合後、ほこ先が向かったのは打線だった。原監督は「もうちょっと打線が点を、というところでしょう」と投打共に勢いのあるチームに2得点に終わった打線の奮起を促した。

ターニングポイントとして注目を集めたのは初回の攻撃だ。初回は1死から松原、坂本が連打で一、三塁とチャンスメーク。続く打席は4番・岡本。ここで先制といきたかったが、この場面で注目を集めたのはDeNA側が内野の守備隊形を大きく動かし「岡本シフト」を敷いたことだった。

二塁手の牧を二塁後方に配置し二遊間を牧、遊撃手の柴田、三塁手の宮崎で守り、一、二塁間はガラ空きとなった。結果は「6―4―3」とDeNAの狙い通りの遊ゴロ併殺打に打ち取られたことで、ネット上は「シフトに見事にハマッた!」「シフト気にせず、岡本はスタンドまで運べ!」など大騒ぎとなった。

ヤクルトも過去、岡本に同様のシフトを用いたこともあった。

メジャーでは大谷シフトなども組まれており、強打者相手に行われることが多いがシフトを選択する理由としては「まずは相手にプレッシャーをかける、意識させるということが第一。本来、岡本は広角にも打てるバッター。しかし今は不振もあって、引っ張り傾向が出ている。そこを見越して勝負に出たのでしょう」(球界関係者)。

ここを打開するには、逆方向への打球、もちろん岡本の何よりの売りである長打力、本塁打が求められる。

最近の主力では丸の不振がクローズアップされがちだが、4番・岡本もここにきて急降下している。この日のDeNA戦は3打数無安打、最近5試合は19打数3安打、1本塁打で打率は1割5分8厘と不振にあえぐ。本塁打こそリーグトップの36本(14日現在)を放っているが、「チームを勝たせる打撃」をすることが4番の役割なのは間違いない。優勝争いはまだまだ続く。苦しいチームを救う豪快な一発を期待したい。

[文/構成:ココカラネクスト編集部]

●9/15(水)西武vs日本ハム戦 日本ハム・西武のレジェンド「西崎幸広」さんとオンライン酒飲み観戦!
●9/26(日)巨人vs阪神戦 巨人軍の足のスペシャリスト「鈴木尚広」さんとオンライン酒飲み観戦!

CocoKARA next

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加