やり投げの北口榛花が大逆転V ダイヤモンドリーグ・シレジア大会優勝...日本記録に迫る65メートル10

やり投げの北口榛花が大逆転V ダイヤモンドリーグ・シレジア大会優勝...日本記録に迫る65メートル10

  • スポーツ報知
  • 更新日:2022/08/07
No image

◇陸上 ダイヤモンドリーグ 第9戦(6日、ポーランド・シレジア)

女子やり投げで、日本記録保持者の北口榛花(JAL)が、銅メダルに輝いたオレゴン世界陸上(7月、米国)以来となる実戦に臨み、今季自己最高の65メートル10で優勝した。最終6投目で3位から逆転Vを飾った。ダイヤモンドリーグ制覇は、今年6月のパリ大会に続き、自身2度目。

北口は、世陸で示した地力を再び輝かせた。自身の持つ日本記録(66メートル00)に90センチ差に迫る好記録をマーク。現・世界記録保持者の2位・バルボラ・シュポタコバ(チェコ)に3メートル近い大差をつけ、快勝した。

北口は、オレゴン世陸で日本女子投てき界初の表彰台となる銅メダルを獲得。24年パリ五輪へ「一番いい色のメダルをとれるように。ここがまだ私のゴールじゃなくて、これから。金を目標に頑張りたい」と誓っていたが、最高の再出発となった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加