2021年はスキンケアに力を! 初めてでも使えるメンズアイテムを調査

2021年はスキンケアに力を! 初めてでも使えるメンズアイテムを調査

  • マイナビニュース
  • 更新日:2021/01/13
No image

年が明け、気持ちも新たになる季節。今年の目標を考えている人も多いことだろう。資格の取得や趣味の充実、新たなことに挑戦をしやすい今、男性の間で流行が広がっている「メンズスキンケア」の売れ筋を渋谷ロフトで聞いてみた。

2021年最新手帳が勢ぞろい! ロフトで見つけたおすすめ手帳たち

昨今のコロナ禍でマスク生活となり、口の周りなど肌の乾燥や吹き出物が気になる体験をした人も多いはず。肌を保湿したり、ケアをするアイテムに注目が集まっている。メンズ脱毛やメンズサロンの広告も増え、男性にとっても美容が気になる時代が来ているようだ。

渋谷ロフトでも需要の高まりに応え、メンズコスメを集めた棚を設置している。スキンケアアイテムやヘアケアアイテム、コスメアイテムなど様々な商品が展示されていた。
○SNSやCMで話題のバルクオム

中でも特に人気なのは、木村拓哉さんのCMで有名な「BULK HOMME(バルクオム)」。メンズスキンケアアイテムブランドとして、シャンプーや洗顔料、ボディソープなどを展開している。

バルクオムの特徴は、中身が見えるスタイリッシュなパッケージ。日常でのスキンケアに取り入れやすいアイテムがそろい、メンズコスメの売り上げの中でも圧倒的人気を誇っているという。

洗顔料「ザ フェイス ウォッシュ」(2,200円)は、泡立て用の「バブルネット」(660円)と合わせて使う人が多いそう。バブルネットは4層になった網目が濃密な泡を生み出し、スキンケア初心者にも使いやすいアイテムだ。洗顔後に使う化粧水「ザ トナー」(3,300円)や、乳液「ザ ローション」(3,300円)と合わせて使うことで、より健やかな肌を目指すことができる。

いきなり使うのが不安という人には「ザ トラベルセット フォーフェイスケア」(2,420円)がおすすめ。コンパクトサイズの洗顔料、化粧水、乳液の3つがセットになっており、ライン使いをすることでスキンケアの効果も体感しやすいだろう。
○「NULL」はローランドコラボも

スキンケアよりもっと肌をよく見せるため、メンズコスメも様々なブランドから販売されている。日本発のメンズコスメブランド「NULL(ヌル)」は、スキンケアをはじめ、ホスト界の帝王・ローランドさんとのコラボコスメも展開している。

NULLの「BBクリーム」はメンズコスメアイテムの中でもメジャーな存在。BBクリームとは、肌の色や質感を整え、肌をカバーしてくれるもの。シミや毛穴などを見えにくくし、肌を明るく見せる役割を担っている。ローランドさんとコラボした「ローランデール BBクリーム」(3,498円)は、カラーは自然な肌感の「ベーシック」と透明感のある肌に仕上げる「ライト」の2色。

また、気になる悩み部分に使いやすい「コレクティブペン」(2,684円)は、ペンシルタイプのコンシーラー。クマやニキビ痕などの上に塗ることで、肌を自然にカバーしてくれるアイテムだ。こちらもカラーは2色展開で、やや明るめの肌の方向けでハイライトとしても使える「#01」、標準な肌の色の方向けの「#02」を発売中。

もっと肌の悩みを解決したい方には、スキンケアに特別なケアを取り入れるのもおすすめ。「薬用リンクルクリーム」(3,960円)は、男性のシミやしわの改善が期待できる薬用アイテムだという。化粧水やクリームなどで保湿をし、さらに特別なアイテムをプラスすることで肌のハリや瑞々しさは保たれる。健康的な印象や若々しい印象を見せるには、こういったアイテムを使ってみるのもよさそうだ。
○注目株の「WAR PAINT.」

最後に、メンズコスメの中でも最近日本上陸した注目のブランドを紹介しよう。イギリス発メンズコスメブランド「WAR PAINT.(ウォーペイント)」は、「自信を与える、男のためのメイク」をコンセプトに、なりたい自分になるためのコスメを展開している。

BBクリームやコンシーラーの他、「WAR PAINT.」では「フィニッシングパウダー」(3,190円)や「ブロンザー」(3,410円)、さらにメイク用ブラシやスポンジといったメイクアイテムまでを展開している。

「フィニッシングパウダー」とは、メイクの仕上げ用のパウダーで、汗やべたつき、テカリを抑えてサラサラとした肌をキープしてくれるもの。BBクリームやコンシーラーでカバーした肌の仕上げに使うことで、長時間メイクをキープしてくれる。素肌にそのまま使うことも可能だ。そして「ブロンザー」は、日焼けっぽい肌に見せたり、顔に影をつけて立体感を演出するシェーディングとして利用できるもの。健康的な印象を与えたいときや、鼻筋をくっきり見せたり、顔をシャープに見せるときにも使えるアイテムだ。

使い方次第で見せたい自分を演出できるのがコスメの面白いところ。オンライン会議をする機会も増え、画面を通して自分の顔を見る場面も多いことだろう。肌をもっと明るく見せたい、顔立ちをはっきり見せたいといった希望もちょっとしたメイクのひと手間で叶えられるかもしれない。

洗顔や化粧水といった基礎のスキンケアでも、清潔感はぐんとアップする。今回紹介したメンズケアアイテムたちは、ロフト店頭のほかロフトネットストアでも販売されている。2021年は、肌に力を入れて自分を磨いてみるのも良いだろう。

※価格は全て税込
※店舗や状況により取り扱いがない場合がある

●information

渋谷ロフト

住所 : 東京都渋谷区宇田川町21-1
営業時間 : 11:00~21:00
営業時間変更期間:1月8日より当面の間
変更後営業時間:11:00~19:30
※一部営業時間の異なる売場・サービスがある
※免税手続きの承りは11:00~18:30まで

瑞木

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加