NEW
ロゴとアプリ版リニューアルのお知らせ
ウガンダ選手の失踪でわかった東京五輪のリスク「一歩間違えば、 菅首相の進退問題」

ウガンダ選手の失踪でわかった東京五輪のリスク「一歩間違えば、 菅首相の進退問題」

  • AERA dot.
  • 更新日:2021/07/21
No image

入国したウガンダ選手団(C)朝日新聞社

東京五輪のために来日して行方不明になっていたウガンダ人選手が7月20日に三重県で見つかり、21日にも帰国することになった。

【写真】ドン小西が「居酒屋のユニフォーム」と酷評した五輪の表彰式衣装はこちら(他5枚)

大阪府泉佐野市にある事前合宿のために用意されたホテルから16日、姿をくらまし、行方不明になっていたのは、ウガンダの男子重量挙げのジュリアス・セチトレコ選手(20)。大阪府警と三重県警の警官がセチトレコ選手を三重県四日市市内で20日に発見した。

コトの発端は、全選手が義務づけられているPCR検査をセチトレコ選手に求めようとしたところ、16日に姿が見えないことに気づいたという。

泉佐野市から大阪府警に連絡が入り、調べたところ、16日早朝、ホテルから徒歩で15分ほどのJR熊取駅で、「新幹線の切符を買いたい」と駅員に尋ねた人物が、セチトレコ選手と確認。その後、新大阪駅を経由し、名古屋駅に向かったことが確認された。

当初、東京五輪に出場予定だったセチトレコ選手だが、事前合宿後に世界ランキングの順位が下がり、出場資格を失ってしまった。20日にも日本を離れ、ウガンダに帰国することが決まっていた。

そのショックもあったのか、セチトレコ選手はホテルの部屋に次のような内容のメモを残していたという。

「生活が厳しいウガンダには帰りたくない。妻や子どものために日本で仕事がしたい。荷物はウガンダの妻に送ってほしい」

大阪府警は行方不明者として届けを受けて捜索に乗り出した。

「セチトレコ選手がいなくなったことに気がついた16日は、まだ本人に携帯電話で連絡がとれていた。だが、それ以降は不通になった。五輪で来日している選手の身にもしものことがあればと、捜索することになった」(捜査関係者)

また、ウガンダ選手団は日本に到着した際に、新型コロナウイルスの

陽性者がいたことで大騒ぎになった。東京五輪・パラリンピックの組織委員会幹部は言う。

「セチトレコ選手は来日時、PCR検査では陰性だったが、万が一のことも考えられる。そこから他の人に感染なんてことになれば、それこそ五輪中止になりかねません。ヤバイと思った」

防犯カメラ映像などからセチトレコ選手が新幹線で名古屋駅に到着した時、岐阜県在住のウガンダ人男性が出迎え、合流していたことが判明した。大阪府警が出迎えたウガンダ人男性に行方を尋ねると、「四日市のある人のところに行った」と語ったという。

その場所に大阪府警と三重県警の警察官が駆け付けたところ、セチトレコ選手がいたという。

「警察官が行った時、セチトレコ選手は特に何をしているということもなかった。確認すると、すぐ本人だと認めた。IDカードも所持しており、確認もできた。亡命、難民申請などという政治的背景がないこと、犯罪につながるようなことも見当たらないので、事件性はない。仕事をしていた様子もない。ただ、警察官が心配して、みんなが探していたと話すと涙を浮かべていたそうだ」(前出の捜査関係者)

セチトレコ選手は20日に四日市市を離れて、東京に移動。ウガンダ大使館はセチトレコ選手を21日にも帰国させると発表した。前出の組織委員会幹部はこう言う。

「セチトレコ選手の無事が確認されたと聞いて『よかった』と思わず、近くにいたスタッフと喜びましたよ。発見後のPCR検査も陰性だったそうです。彼が入国したビザは東京五輪参加のための日本滞在の許可です。もちろん、働くことはできません。しかし、スポーツの国際大会で不法滞在でも働きたいと姿を消す人がいるのは、決して珍しいことではない。想定内でした」

オーストラリアで18年に開催された、コモンウェルスゲームズ(英連邦競技大会)でもウガンダ人選手の失踪が報じられた。日本では1994年の広島アジア大会で、イラン、ネパール、パキスタン、スリランカ、バングラデシュの選手13人が大会期間中に選手村などから姿を消すという事件が起こり、大きなニュースになった。当時の日本はバブル崩壊直後で、入国にはハードルの高いビザ取得が必要だったことも失踪の背景にあった。

「不法就労の目的で消えてしまう選手がいるんじゃないか、というウワサはあった。それが本当にいなくなってしまった。そのうち、海外のマスコミ関係者の行方までわからなくなってしまった。その対応で目が回るほど忙しかった。失踪の目的はみな、不法就労だったようです」(広島市の元職員)

東京では新型コロナウイルスの新規感染者が連日1000人を上回る。感染拡大で「第5波」が到来したとみられている。今後、同じようなことが起こらないとは言い切れない。自民党幹部がこう言う。

「今回のような問題は一歩、間違えれば、菅首相の進退にかかわる。もし、消えた選手がコロナに感染しており、それが原因で拡大なんてことになれば、大きな批判を浴び、五輪中止もあり得た。危機一髪だった。そうなれば、解散総選挙を待たずして、菅政権は終わりだった。だからと言って、外国人選手やメディアに対し過剰な制限もできない。今回の五輪の強行はある意味、菅首相の大博打だよ」

(AERAdot.編集部 今西憲之)

今西憲之

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加