移民が収容施設に「放火」と非難、ギリシャ政府

移民が収容施設に「放火」と非難、ギリシャ政府

  • AFPBB News
  • 更新日:2020/09/15

ギリシャのレスボス島で、パナヨーダ近郊の移民収容施設に移動する移民ら(2020年9月14日撮影)。

【AFP=時事】ギリシャのレスボス島にある同国最大のモリア移民収容施設で先週発生した火災について、ギリシャ政府は14日、移民らが故意に火を放ったと非難した。 火災により、収容されていた1万2000人は廃虚のような建物や道端、屋根の上で心地良くない状態で寝起きせざるを得なくなった。 政府のステリオス

外部サイトで読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加