大谷翔平、初マルチ 通算209勝グリンキーから快足内野安打&二盗

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/04/08

「エンゼルス-アストロズ」(6日、アナハイム)

エンゼルスの大谷翔平投手(26)が「2番・指名打者」で出場し、今季初のマルチ安打。初回の打席で内野安打と二盗を記録し、八回に左前打を放った。

前日の試合で右太ももに受けた死球の影響は全くなかった。メジャー通算209勝右腕グリンキーに対し、初回の打席はカウント2-2から投手内野安打。外へ逃げる140キロチェンジアップに腕を伸ばしてバットの先でとらえると一塁線へ転がる打球に快足を飛ばして一塁を駆け抜けた。

スタメン出場での連続安打試合を4に伸ばすと、次打者トラウトの打席ではカウント1-2から今季2盗塁目となる二盗に成功。足で相手バッテリーを揺さぶり、主砲の一発を呼び込んだ。

2-2の三回は先頭で内角高めの142キロ直球をファウルにした後、外角低めの113キロカーブを打って右飛。五回2死一塁の場面はカウント2-2から内角低めの140キロチェンジアップをとらえ切ることができず、投ゴロに倒れた。

2つ目の快音は八回だ。2番手右腕プレスリーの初球、内角カーブを左前へ。今季6戦目で初めて複数安打をマークした。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加