ジェジュン、インスタの職業欄が「スーパーマーケット」の理由

ジェジュン、インスタの職業欄が「スーパーマーケット」の理由

  • モデルプレス
  • 更新日:2022/05/14

【モデルプレス=2022/05/14】アーティストのジェジュンが、13日放送のフジテレビ系バラエティー番組『人志松本の酒のツマミになる話』(毎週金曜よる9時58分〜)に出演し、公式Instagramの職業欄に「スーパーマーケット」と記入した理由を告白。また、影響を受けた日本のアーチストについても語った。

No image

(写真 : ジェジュン(C)モデルプレス)

【写真】ジェジュン、スーパーで買い物もする東京生活

◆インスタの職業が「スーパーマーケット」な意外な理由とは?

普通なら「アーティスト」と書かれていそうな、ジェジュンのInstagramの職業欄。実際は「スーパーマーケット」と書いてあるが、実はそれは「子どもの時にスーパーマーケットのおじいちゃんがいて、そのおじいちゃんに憧れて」いたことが理由なのだという。

このスーパーのおじいちゃん、販売しているお菓子をその場で食べていたそうで、そのため子どもの頃のジェジュンは「スーパーのオーナーになったらいつでもお菓子が食べれる!」と、このおじいちゃんに憧れるようになったそう。このなんとも純朴すぎる告白に、松本人志をはじめスタジオは笑いの渦に。

◆日本の音楽を聞いたことが、音楽の世界へ入るきっかけに

また、「日本の文化から来たものを韓国では買えなかった」という1990年代を振り返る場面も。しかし友人がX JAPANのテープをくれたそうで、「かなり刺激をうけた」とジェジュン。そこからL'Arc~en~CielのHYDEや、LUNA SEAのSUGIZOなどの存在を知るようになり、「ぼくからしたら、伝説みたいな存在だったんですよ」と熱く語ると「もう、愛でしたね」と日本の音楽に夢中になっていたことを告白。「そこから音楽の世界を理解してきて、デビューすることになった」と、1本のテープがきっかけで人生がかわったことを明かした。(modelpress編集部)

情報:フジテレビ

【Not Sponsored 記事】

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加