池江璃花子が五輪代表2種目目視界「自信がある」100m自由形で決勝進出

池江璃花子が五輪代表2種目目視界「自信がある」100m自由形で決勝進出

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/04/08
No image

女子100メートル自由形準決勝のレース後、タイムを確認する池江(代表撮影)

<競泳:日本選手権兼東京五輪(オリンピック)代表選考会>◇7日◇東京アクアティクスセンター◇女子100メートル自由形準決勝

女子100メートル自由形で、池江璃花子(20=ルネサンス)が100メートルバタフライに続く今大会2冠を視界にとらえた。涙の東京五輪内定から中2日で再び登場。予選は54秒30、準決勝は54秒36とともに全体1位で通過した。レースパターンも前半先行型、後半追い込み型と試す余裕もあった。

池江は「バタフライの後は、こんなに体が重いのかというぐらい。本当に一番ダメージが大きいレース後だった。でも予選から思った以上に早かった。100メートルの王座奪還はまだ先かなと思っていたけど、2種目目で奪還できるように頑張りたい」とV宣言した。

この日のレース2本は、ともにリレー派遣標準記録54秒42を突破している。大会前に同種目を「楽しみ」とした理由について「レースが楽しみなのは、自信があるということと同じだととらえてもらえたらいいです」とにっこり。「(決勝で)53秒台はマストで出ると思います」と口にした。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加