大分、町田也真人の決勝点で連敗を7でストップ、9試合ぶりの白星!敗れた清水は6戦未勝利

大分、町田也真人の決勝点で連敗を7でストップ、9試合ぶりの白星!敗れた清水は6戦未勝利

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2021/05/02
No image

町田がCKからのこぼれ球をしぶとく押し込んだ。写真:徳原隆元

J1リーグは5月2日、各地で12節の3試合を開催。昭和電工ドーム大分では、大分トリニータ対清水エスパルスの一戦が行なわれた。

試合はアウェーの清水が押し込み、大分がカウンターからチャンスを見出す展開となったが、先手を奪ったのは大分だった。38分、カウンターから長沢駿の決定機はGK権田に阻まれたものの、直後のCKからこぼれ球を町田也真人が押し込んだ。大分がリードを奪う。

その後は清水が両サイドの中村慶太や中山克広、中央の鈴木唯人やチアゴ・サンタナを中心に反撃を試みるが、大分が粘り強いディフェンスで凌いでいく。
終盤にかけて、清水が猛攻を仕掛けるが、大分が最後まで凌ぎ切り、1-0のままタイムアップ。大分が連敗を7で止め、2節の横浜FC戦以来、9試合ぶりの勝利を掴んだ。大分は勝点を8とし、一方の清水は6戦未勝利で同11のままとなっている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加