NEW
ロゴとアプリ版リニューアルのお知らせ
【前半速報】U-24日本代表、主導権握るも停滞。南アフリカの超守備的布陣に大苦戦【東京五輪】

【前半速報】U-24日本代表、主導権握るも停滞。南アフリカの超守備的布陣に大苦戦【東京五輪】

  • フットボールチャンネル
  • 更新日:2021/07/22
No image

【写真:Getty Images】

【日本 0-0 南アフリカ 東京五輪2020 グループA第1節】

東京五輪の男子サッカーが22日に開幕し、グループAの開幕戦でU-24日本代表とU-24南アフリカ代表が対戦している。

森保一監督が選んだスタメンには驚きがあった。なんと不動のレギュラーと見られていたDF冨安健洋がベンチ外に。吉田麻也の相方となるセンターバックには板倉滉が先発起用された。注目された2列目の構成は右から堂安律、久保建英、三好康児の3人に、そして1トップには林大地が入った。

一方、チーム内に複数の新型コロナウイルス陽性者が出ている南アフリカはベンチに6人しか入れられず。しかも、そのうち2人はGKという苦しい状況で、チーム全体のコンディションも万全でない中、5バックで守りに重心を置く戦い方を選択してきた。

ボールを支配して攻める日本は15分、右サイドからパスをつないで左まで展開し、攻撃参加してきた中山雄太がクロスを上げる。しかし、中央では林の頭に合わず、流れたボールに詰めた久保もシュートを枠に入れることができなかった。

お互いにチャンスの少ない停滞した展開となり、時間だけが過ぎていく。すると32分、ペナルティエリア内で堂安からのパスを受けた林がディフェンスを背負いながら反転してシュートを放つ。だが、これはGKの正面に飛んでしまい得点とはならない。

直後の33分には相手のミスから三好がGKと1対1のチャンスを迎えるが、ゴール右隅を狙ったシュートは相手GKにぎりぎりの反応で防がれてしまった。さらに34分、立て続けにチャンスを作る日本はコーナーキックの流れから堂安の速いグラウンダーのクロスに林が詰めたものの、これはオフサイドの判定でゴールと認められず。

日本は圧倒的に試合の流れを支配しながら、チャンスシーンはなかなか作れなかった。前半終了間際の久保のフリーキックもゴールの枠を捉えられない。南アフリカもカウンターに鋭さがなく、両チームともゴールを奪えないまま0-0で前半を終えた。

【得点者】
なし

編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加