M1搭載MacBookがXcode Unzipで、Mac Pro比2倍の速度を計測

M1搭載MacBookがXcode Unzipで、Mac Pro比2倍の速度を計測

  • iPhone Mania
  • 更新日:2020/11/21
No image

各種比較テストにおいてIntelプロセッサ搭載Macを大幅に上回る結果を示してきたM1チップ搭載MacBookが、Xcode UnzipでもMac Pro(2019年モデル)の2倍となる処理速度を示しました。動画再生によるバッテリー持続時間テストでも、Intelプロセッサ搭載16インチMacBook Proの2倍となる持続結果が確認されました。

今回のテストと、これまでのテスト結果

TechCrunchが実施したXcode Unzipでの比較テストと、動画ファイル再生によるバッテリー持続時間テストでも、M1チップ搭載MacBookの優れたパフォーマンスが確認されました。

M1チップ搭載MacBookは、これまでに行われた下記の比較テストでもIntelプロセッサ搭載Macを上回る結果を示していました。

コードコンパイルはMac Pro並、16インチMacBook Proを圧倒

Final Cut Pro Xのビデオエクスポートテストで、iMac Proを上回る

Cinebenchを10分間連続で実行した後も、低い発熱

SSDのパフォーマンスは、前モデルの約2倍の速さ

GFXBench 5.0によるテストで、3年前のデスクトップ用GPUを上回る

Xcode Unzipでの比較

ソフトウェア開発者に有益と思われるXcode Unzipでの比較テストでは、Xcode Unzipの処理時間を比較した結果、M1チップ搭載Mac miniとM1チップ搭載MacBook Airは5分5秒、M1チップ搭載MacBook Proは5分18秒、Intelプロセッサ搭載16インチMacBook Pro(2019年モデル)は7分7秒、Intelプロセッサ搭載13インチMacBook Pro(2019年モデル)は11分12秒、Intel Xeonプロセッサを搭載したMac Pro(2019年モデル)は10分19秒と、本テストでもM1チップ搭載Macの高いパフォーマンスが確認されました。

4K60p動画再生時間によるバッテリー持続時間比較

No image

4K60p動画をフルスクリーン再生し、バッテリー持続時間を比較した結果、M1チップ搭載MacBook Proは20時間、M1チップ搭載MacBook Airは16時間を記録し、Intelプロセッサ搭載16インチMacBook Pro(2019年モデル)の8時間8分、Intelプロセッサ搭載13インチMacBook Pro(2019年モデル)の6時間40分を大幅に上回るバッテリー持続時間が確認されました。

一部テストではIntelとAMDのプロセッサを下回る結果も

今回の比較テストでも、M1チップ搭載Macの優れたパフォーマンスが示されましたが、Cinebench R23のベンチマークスコアから、「最速のモバイルCPUではない」との指摘もあります。

Source:TechCrunch
(FT729)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加