【KNOCK OUT】良太郎、渡部太基を首地獄で下しBLACKウェルター級王者へ、小笠原瑛作、龍聖はともにKO勝ち

【KNOCK OUT】良太郎、渡部太基を首地獄で下しBLACKウェルター級王者へ、小笠原瑛作、龍聖はともにKO勝ち

  • イーファイト
  • 更新日:2022/09/23
No image

良太郎(左)はヒザ蹴り地獄で渡部(右)を下した

Def Fellow
『KNOCK OUT 2022 vol.5』
2022年9月23日(金・祝)東京・後楽園ホール

▼ダブルメインイベント第2試合(第8試合)【G-BALLER Presents】初代KNOCK OUT-BLACKウェルター級王座決定戦/3分3R・延長1R
〇良太郎(池袋BLUE DOG GYM/team AKATSUKI、元REBELS-REDライト級王者)
判定2-0 ※29-29、29-28、30-29
●渡部太基(TEAM TEPPEN/元Krushウェルター級王者、元WPMF日本ウェルター級王者)

渡部は第4代Krushウェルター級王者で、しばらく練習からも遠ざかっていた時期があったが、KNOCK OUTのリングで復帰。対する良太郎は元REBELS-REDライト級王者だ。

No image

渡部は離れて戦おうとするが、すぐに組まれてしまった

両者は今年7月のKNOCK OUTワンマッチで対戦。1Rに渡部が良太郎をダウン寸前まで追い込むも、2R以降は良太郎が首相撲からのヒザで戦いを支配し、逆転の判定勝利を飾っている。今回は異例のダイレクトリマッチで、初代KNOCK OUT-BLACK王座決定戦が行われる。

1R、良太郎は、いきなり組みついてのヒザ蹴り。渡部もヒザ蹴りを返すが、良太郎のヒザ蹴りが入る。離れても、良太郎は組みついてヒザ蹴り。渡部は離れてパンチを打つが、良太郎が組みついてヒザ蹴り連打。

No image

判定勝ちが決まると良太郎は、この表情

2R、パンチから入る良太郎は、組みついてヒザ蹴り。渡部もヒザ蹴りで対抗する。ときおり渡部は、空間をあけてボディ打ちから顔面にパンチを放つも、決定打とはならず。良太郎は、執拗にヒザ蹴りを突き上げた。

3R、良太郎は、ここでも組みつきヒザ蹴り。渡部もヒザ蹴りで対抗するが、ここでは良太郎が上か。それでも渡部は離れてロ―キックやパンチを放つが、すぐに組まれてしまう。最後まで良太郎はヒザ蹴りで攻撃して判定へ。2-0で良太郎が勝者となり、ベルトを手に入れた。

No image

初代KNOCK OUT-BLACKウェルター級チャンピオンとなった良太郎

良太郎はマイクを握ると「メインを張るのに10年かかりました。諦めなければ、チャンピオンになれることを証明できました」と挨拶した。

▶次ページは、小笠原瑛作vs.TAKERU、龍聖vs.小笠原裕典、松﨑公則引退セレモニー

No image

小笠原瑛作(左)は蹴りでTAKERUを攻略した

▼ダブルメインイベント第1試合(第7試合)第2代KNOCK OUT-REDフェザー級王座決定戦/3分5R・延長1R
〇小笠原瑛作(クロスポイント吉祥寺/初代KNOCK OUT-REDスーパーバンタム級王者、ISKA世界バンタム級王者(K-1ルール)、WPMF世界スーパーバンタム級王者)
TKO 2R0分58秒 ※レフェリーストップ
●TAKERU(GET OVER/DBSフェザー級王者、RKAフェザー級王者)

小笠原は“スピードアクター”の異名を取る日本人トップ選手で俳優業もこなす。さらなる飛躍を目指しスーパーバンタム級(-55.0kg)王座を返上し、フェザー級(-57.5kg)へ階級を上げて2階級制覇に挑む。カザフスタンで撮影に挑んだ主演映画『阿彦哲郎物語・第二の太陽』の日本公開に向けて、ここはベルトが欲しいところだ。

No image

TAKERUは得意の前蹴りを入れるも押されてしまった

TAKERUは、名古屋在住の新鋭で15年にプロデビュー。昨年1月にKNOCK OUTへ初参戦し、今年7月には3倍以上のキャリアを持つ栗秋祥梧に完勝し、今回の王座戦のチャンスを手にした。

1R、小笠原はインとアウトにロ―キックを蹴り分けて、右ストレート、前蹴りと攻撃を散らせる。TAKERUは、右ボディのカウンター。小笠原は左ロ―キックを何度も決めて、ダメージを与えていった。

No image

左ロ―キックでダメージを与えて、最後はパンチをまとめてKO勝ちの小笠原

2R、小笠原は左右パンチから左ロ―キック。TAKERUは、少しずつ動きが遅くなり、ロ―キックをブロックするのが精一杯の様子。勢いに乗る小笠原は、左ロ―キックを連発。棒立ちのTAKERUにパンチでダウンを奪う。ファイティングポーズのTAKERUに、再び小笠原がパンチを連打するとレフェリーが試合をストップした。

KO勝ちを収めた小笠原はマイクを握ると「半年ぶりにエースが帰ってきました。天心、武尊が終わり、今度は僕が引っ張っていきます。応援をよろしくお願いします!」と挨拶してアピールした。

No image

龍聖がわずか66秒で小笠原をKOした

▼セミファイナル(第6試合) スーパーファイト KNOCK OUT-BLACKフェザー級/3分3R・延長1R
〇龍聖(フリー)
KO 1R1分06秒 ※左ヒザ蹴り
●小笠原裕典(クロスポイント吉祥寺)

No image

KOとなったのは、このヒザ蹴りだが、その前の左ボディブローが効いていたようだ

龍聖は11戦11勝(8KO)とパーフェクトレコードを誇るニュースターで、昨年10月には初代KNOCK OUT-BLACKフェザー級王座を戴冠したばかり。対する小笠原は、小笠原瑛作の兄でありウクライナ人を妻に持つベテランで、妻の家族がウクライナから日本へ避難してきていることもあり、家族や温かいサポートへの感謝のためにも、ここからはコンスタントに試合出場をしていきたいと語っている。

1R、小笠原は左フックを合わせる。龍聖はガードしつつ、ロ―キックをヒットさせる。前へ出る小笠原はワンツー。龍聖は見極めると左ボディブローを直撃。さらに左のパンチを被弾する小笠原。踏み込んだ龍聖は、右ハイキック。そして、左ボディを追撃。最後は左ヒザ蹴りを合わせて小笠原がダウン。そのまま龍聖のKO勝ちとなった。

KO勝ちを収めた龍聖は、「KNOCK OUTの主人公として、このストーリーを完結させたいと思います。みんな、ついてきてください」と短く挨拶した。

No image

松﨑公則の引退記念セレモニーが行われ、鈴木秀明会長をはじめぱんちゃん璃奈などが出席

<松﨑公則、引退記念セレモニー>
第5試合終了後、今年3月12日に阿部晴翔を相手に引退試合を行った松﨑公則の引退記念セレモニーを実施。46歳の松﨑は、REBELS-MUAYTHAI2階級制覇など、国内4冠を達成。生涯戦績は、50戦20勝(11KO)26敗4分。

No image

引退のテンカウントを聞く松﨑

松﨑は、「33歳でキックを始めて、最初から中年でした。一緒に練習した選手、応援していただいたみなさん、リングにあげてもらったみなさん、本当にありがとうございました。試合を見ていると、思わず熱くなって体が動き始めてしまいますが、ここらで辞めておきます。最後に言いたいのは、諦めないで続けていてよかったと言うことです。これからもキックボクシングを応援してください。ありがとうございました」と最後の挨拶をして、10カウントゴングを聞いた。

▶次ページは、壱・センチャイジムvs.大野貴志、森岡悠樹vs.炎出丸、その他の試合結果

No image

壱は、大野貴志を判定で破って第2代KNOCK OUT-REDスーパーバンタム級王座決定トーナメント決勝へ駒を進めた

▼第5試合 第2代KNOCK OUT-REDスーパーバンタム級王座決定トーナメント・準決勝/3分3R・延長1R
〇壱・センチャイジム(センチャイムエタイジム/ルンピニージャパン・バンタム級王者)
判定3-0 ※30-28×2、30-27
●大野貴志(士道館新座ジム/第17代MA日本バンタム級王者、元WMC日本スーパーバンタム級王者、元Bigbangスーパーバンタム級王者)

KNOCK OUT-REDスーパーバンタム級初代王者・小笠原瑛作の王座返上に伴い行われる同王座決定トーナメント。準決勝で壱・センチャイジムvs大野貴志が組まれた。

No image

壱のミドルキックが大野のパンチを止めた

壱は端正なルックスと美しいムエタイスタイルで人気を博し、抜群の攻撃力を誇る。昨年11月には小笠原の持つ王座に挑戦、判定負けを喫した。前回は海老原竜二にTKO勝利を収めスーパーバンタム級エースへの準備は万端だ。

対する大野は過去3つの日本王座を獲得した32歳のベテランファイター。19年8月の大田区大会では、江幡塁からダウンを奪われながらも肘で斬り返す逆襲を見せ、観衆を大いに沸かせている。

1R、壱は左ミドルキックを連発。大野はミドルキックに合わせてフックを被せるが、これは壱がガード。さらにミドルキックに合わせて大野が軸足を刈る。これも耐えた壱は、ワンツー、前蹴りで攻撃を組み立てた。

No image

大野は最後まで粘ったが、あと一歩だった

2R、大野は壱のミドルキックに合わせて軸足狙い。壱はフェイントを入れながらミドルキックを蹴っていく。大野は距離を詰めながら左右のフックを打つも、壱は首相撲に捕まえて左ヒジ打ち。これは空を切ったが、ペースは壱か。

3R、大野はアッパーやフックを打ちながら、前へ出る。組みつく壱は、ヒザ蹴り。接近戦でパンチ狙いの大野だが、壱はヒジ打ちで迎え撃つ。パンチの大野、ミドル&ヒジ打ちの壱の対決。最後まで攻め合う2人だが、勝負は判定に。3-0で壱が勝利を収め、決勝進出を決めた。

No image

森岡が炎出丸をKOして第2代KNOCK OUT-REDスーパーバンタム級王座決定トーナメント決勝へ

▼第4試合 第2代KNOCK OUT-REDスーパーバンタム級王座決定トーナメント・準決勝/3分3R・延長1R
〇森岡悠樹(北流会君津ジム)
TKO 2R1分38秒 ※セコンドからタオル投入
●炎出丸(クロスポイント吉祥寺/元J-NETWORKスーパーバンタム級王者)

No image

炎出丸はパンチで勝負に出たが、森岡の攻撃を受けた

第2代KNOCK OUT-REDスーパーバンタム級王座決定トーナメント・準決勝で、森岡悠樹と炎出丸が激突する。森岡は175cmの長身から打ち下ろすストレートを武器にKNOCK OUTに参戦。昨年8月の『KNOCK OUT-EX』では壱に実力差を見せつけられての判定負けを喫しているだけに、このトーナメント制覇は一気にトップへ駆け上がるチャンスだ。

対する炎出丸はキャリア71戦を誇る最年長の39歳。同門の小笠原が王座を保持していたためBLACKルールでの戦いを続けていたが、ヒジ有効のREDルールで勝負を賭ける。炎出丸も2019年8月の『K.O CLIMAX』で壱にフルマーク判定で敗戦しており、今回のトーナメント制覇でリベンジを果たすチャンスとなる可能性もある。

1R、森岡はミドルキックを軸に、右のパンチ、ロ―キックと攻撃を散らしていく。炎出丸はジャブから右を入れたいが、森岡の散らした攻撃に活路を見出せない。森岡の右ボディストレートが何発も入る。ボディストレートからヒザ蹴りへつなげた。

No image

森岡がパンチをまとめてTKO勝ち

2R、炎出丸は前へ出て前蹴り、ロ―キックで攻撃。森岡はリズムを刻みながら、右ボディを入れていく。炎出丸は前へ出たところに右フックを入れて、ダウンを奪った森岡。立ち上がった炎出丸だが、さらに右を入れられるとフラフラになってしまう。森岡がパンチをまとめたところで、セコンドからタオルが投入された。

マイクを握った森岡は、「準決勝、次の試合の勝者とやって、自分がベルトを巻く姿を見に来てください」と挨拶した。

<その他の試合結果>
▼第3試合 KNOCK OUT-BLACKライト級/3分3R・延長1R
●般若HASHIMOTO(クロスポイント吉祥寺)
判定0-2 ※28-30、29-29、28-29
〇庄司啓馬(TEAM TEPPEN)

▼第2試合 KNOCK OUT-BLACKスーパーフェザー級/3分3R
●向井貫太(WSRフェアテックス三ノ輪)
KO 3R1分00秒 ※レフェリーストップ
〇久井大夢(TEAM TAIMU)

▼第1試合 KNOCK OUT-BLACKフェザー級/3分3R
●前田翔太(WSRフェアテックス三ノ輪)
TKO 1R2分43秒 ※ドクターストップ
〇古木誠也(G1 TEAM TAKAGI)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加