渋野、1歳上大坂は「私とは天と地」本当にすごい方

渋野、1歳上大坂は「私とは天と地」本当にすごい方

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2020/09/15
No image

通算2オーバーの51位に終わった渋野日向子(ロイター)

<米女子ゴルフ:ANAインスピレーション>◇最終日◇13日(日本時間14日)◇米カリフォルニア州ランチョミラージュ・ミッションヒルズCC(6865ヤード、パー72)◇賞金総額310万ドル(約3億4100万円)

渋野日向子(21=サントリー)が後半42と大崩れして51位で今季メジャー第2戦を終えた。

渋野は同時期に米国での“メジャー”に臨み、頂点に立った1つ年上の大坂なおみについて「同じスポーツ選手としてすごい尊敬、本当にすごい方だなと思う」と称賛した。同じように世界最高峰の舞台で戦い、20歳にして渋野はAIG全英女子オープン、大坂は全米オープンを制し、初めて世界一となったなどの共通点も多い。それでも「私とは天と地」と、常に世界のトップを争う安定感に舌を巻いた。

特に精神面の強さが、際立っていると感じている。「いろんなプレッシャーがあると思うけど、それをはねのけて自分らしく生きている。それでも、しっかりと結果を出す。心からすごいと思った」。ゴルフは精神面がスコアに影響するだけに、見習いたい考えだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加