【舞いあがれ!】「結婚」ワードにネット沸く「恋愛モード突入?」「くっつかない気も...」

【舞いあがれ!】「結婚」ワードにネット沸く「恋愛モード突入?」「くっつかない気も...」

  • スポーツ報知
  • 更新日:2023/01/25
No image

女優の福原遥がヒロインを務めるNHK連続テレビ小説「舞いあがれ!」(月~土曜・午前8時)の第79話が25日、放送された。舞(福原)の母・めぐみ(永作博美)と、貴司(赤楚衛二)の母・雪乃(くわばたりえ)の会話にネットが沸いた。(以下、ネタバレがあります。ご注意ください)

航空機産業参入支援セミナーで出会った菱崎重工の荒金(鶴見辰吾)が、工場にやってきた。航空機の部品を試作を提案されためぐみは、設備的に難しいため断ろうとしたが、舞は諦めない。亡き父・浩太(高橋克典)の夢をかなえるために、舞は奮闘した。

舞が工場で夜遅くまで金属の研究していたある夜、雪乃がめぐみの家を訪れる。2人は居間で談笑し、めぐみは「仕事ばっかりやねん、あの子。熱心なのはええけど、あの子もう27やで?そろそろ…なあ?結婚とか考えてもええんちゃうかな、って」と親心をのぞかせる。雪乃は「今の若い子はのんびりしてんねんて。うちの貴司なんか一生独身ちゃう?短冊に短歌書いてモテんのは平安時代までやっちゅうねん」とツッコんで笑っていた。

このやり取りにネットは「恋愛パートへのあからさまな布石がw」「唐突に持ち込まれる結婚話」「おやおや?これは舞と貴司の恋愛モード突入フラグかな?」「いずれきっと義母同志になる2人(笑)」「貴司と舞ちゃんのフラグな気もするし、当面くっつかない気もするw」と想像。また「仕事ばっかり…そりゃ結婚心配するよな。貴司くんも…」「お母ちゃん同士は子供達はずっと幼馴染みだから結婚相手どうとかって対象ではない感じなのね」などの声も寄せられた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加