「キョコロヒー」と「NEWニューヨーク」特番化、第2回「バラバラ大選挙」結果発表

「キョコロヒー」と「NEWニューヨーク」特番化、第2回「バラバラ大選挙」結果発表

  • お笑いナタリー
  • 更新日:2021/07/21

テレビ朝日深夜のバラエティ枠「バラバラ大作戦」全14番組の中で一番面白い番組を決める第2回「バラバラ大選挙」の結果が本日7月21日に発表され、ヒコロヒーと齊藤京子(日向坂46)の「キョコロヒー」が視聴者グランプリ、ニューヨークの「NEWニューヨーク」がテレ朝スタッフが選ぶ1位にそれぞれ輝いた。

No image

「キョコロヒー」メインカット。(c)テレビ朝日

すべての画像を見る(全3件)

「バラバラ大選挙」の結果を受けて、2番組は特番化の権利を獲得。このたび出演者たちがコメントを発表した。ヒコロヒーは「私は芸歴11年の中で諦めることが得意になっていました。しかし人の話をまったく聞かない横の女は、未来を信じて前向きな希望をたくさん語っていました。視聴者の皆さんにも、その明るい希望が届いたのかなと思います」と毒舌を交えて“相方”齊藤への信頼を明かし、「視聴者の皆さんが好きになってくれた色を大切にしながら、より多くの方にも愛していただけるような、この番組らしい特番をお見せしたいです」と意気込む。齊藤は「これも“相方”のヒコロヒーさんのおかげです。いつも支えてもらっています!」と感謝を語りつつ、「この世で一番大切な『キョコロヒー』、これからも応援よろしくお願いします。私めっちゃ本気です!」と述べた。

No image

ニューヨーク屋敷は「投票してくれた皆さん、本当に本当にありがとうございます!! 一緒に時代を動かしましょう! 嬉しっ!」と喜びを爆発させ、ニューヨーク嶋佐は「皆様のおかげで特番をやらせてもらうことができます。ありがとうございます。感謝いたします。これをきっかけに番組がまたひとつ飛躍できるかもしれません。革命のHAJIMARI」と威勢よく語っている。なお「バラバラ大作戦」初のオンラインイベント「バラバラ大作戦フェスティバル2021」が来月8月12日(木)に開催されることも決定した。その詳細は後日発表される。

お笑いナタリー

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加