『麒麟がくる』大河史上一番地味な家康が登場!? NHKに愛された男・風間俊介、徳川家康役抜擢の裏側

『麒麟がくる』大河史上一番地味な家康が登場!? NHKに愛された男・風間俊介、徳川家康役抜擢の裏側

  • 日刊サイゾー
  • 更新日:2020/05/31

先日、NHK大河ドラマ『麒麟がくる』が、当初の予定通り全44話を放送すると発表した。放送開始前から出演者の薬物使用による降板、撮り直しなどに追われ波乱続きだったが、なんとか完走の目処がたったようだ。
 序盤の山場である本木雅弘演じる斎藤道三の壮絶なラストシーンを終え、後半戦に突入する中で、視聴者の注目を集めている出演者がいる。それが、徳川家康を演じる風間俊介だ。風間は5月31日放送の第20話から登

外部サイトで読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加