名古屋、イタリアの名門ローマと戦略的パートナーシップ締結

名古屋、イタリアの名門ローマと戦略的パートナーシップ締結

  • サッカーキング
  • 更新日:2022/11/25
No image

[写真]=Getty Images、金田慎平

名古屋グランパスは25日、イタリア1部ローマと戦略的パートナーシップを締結した。

パートナーシップにより、両クラブはフットボールや事業運営に関する情報交換にとどまらず、サステナブルな社会の実現やクラブが果たすべき社会的責任など様々な分野において連携して取り組んでいく。なお、現在開催されている「EUROJAPAN CUP 2022」におけるローマの来日にあわせ、両クラブのスタッフによる情報交換やローマのトップチームコーチによる名古屋のアカデミー選手指導などが予定されているという。

戦略的パートナーシップの概要、および各関係者のコメントは以下の通り。

■戦略的パートナーシップ概要
▼トップチームにおける連携
スカウティング、スポーツ科学、データ分析、その他のメソッドなどにおける情報交換
選手やスタッフが相互のクラブを訪問し、それぞれ異なる視点から学ぶとともに大会や親善試合を通して実践

▼アカデミー選手の育成における連携
指導方法の情報交換、選手やスタッフの相互派遣、育成年代の交流大会の開催

▼事業運営における連携
クラブ運営およびグローバルな事業展開に向けた情報交換

▼社会活動における連携
障害を抱える方のご支援など、サステナブルな社会の実現に向けた取り組み

■ローマ ダン・フリードキン会長 コメント
「この画期的な連携を開始できることを誇りに思うと同時に、ピッチ内外で両クラブにとって非常に有益であると期待しています。ASローマと名古屋グランパスがお互いを尊重し、価値観を共有しあえることが、このパートナーシップの基盤となり、両クラブの様々な事業において長期的な利益をもたらすことは間違いありません」

「フットボールの領域でお互いに助け合うエキサイティングな機会であるだけでなく、サステナブルな社会の実現や様々なコミュニティへの還元など、両者が重要と捉える活動をこれから共にできることを楽しみにしております」

「また、今回の発表は、両クラブの”絆”の最初の一歩に過ぎないと考えており、未来に向かってかけがえのない関係性が結ばれたと確信しています」

■ローマ チアゴ・ピントGM コメント

「フットボールにおいては、このコラボレーションは大きなチャンスがあると考えています。なぜなら今回のパートナーシップ締結により、両クラブにとって相互に有益な情報交換を正式に実施できるようになるからです」

「トップチームとアカデミーを取り巻くさまざまな戦略的要素について、私たちの経験と知識を提供できる関係にあることを嬉しく思います。また、日本のサッカー界を代表するクラブのひとつである名古屋グランパスのスタッフによる親切なサポートのおかげで、フットボールが飛躍的に成長している国のひとつである日本についてさらに学ぶ機会を得ることができ、大変嬉しく思います」

■名古屋 小西工己代表取締役社長 コメント

「イタリアの歴史ある名門クラブであるASローマとパートナーシップを締結することができ、大変嬉しく光栄に思います。より強く魅力的なチームになるためのフットボール分野における連携をはじめ、両クラブが互いに持つ知識、経験を最大限活かしながら、長期的な視点でクラブの事業拡大に向けて様々な取り組みを実施してまいります」

「今、世界が目指すサステナブルな社会の実現に向けて、サッカークラブの果たすべき役割は多岐にわたると考えています。パートナーシップの締結によって、両クラブの持つあらゆるリソーセスを効果的に活用し、両クラブとクラブに関わる皆さまに明るい未来が訪れることを信じています」

■名古屋 山口素弘GM コメント

「これまで輝かしい実績を誇るASローマとパートナーシップを締結できたことを非常に喜ばしく思います。トップチームから次世代を担う育成年代まで、スタッフ/選手の交流やソリューションの共有を通して幅広い観点で強化に向けた取り組みができることは、我々にとって素晴らしい機会になると捉えています。ヨーロッパのスタンダードを学びながら、クラブのメソッドに落とし込み、アジア、そして世界で闘えるチームを創り上げていきたいと思います」

サッカーキング

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加